「半分、青い」の次の朝ドラ「まんぷく」のヒロインは安藤サクラ?

まんぷく 次の朝ドラ ヒロイン

NHKの朝ドラ「半分、青い。」もいよいよ中盤に差し掛かる中、次の朝ドラはすでに始動しています。

次の朝ドラは「まんぷく」というタイトルのようであり、ヒロインは安藤サクラさんという方です。

今回は2018年の次の朝ドラのヒロインを演じる安藤サクラさんについて解説してまいります。

Sponsored Link

 

安藤サクラさんのプロフィール

本名 柄本 さくら
生年月日 1986年2月18日
出身 東京都
身長 160cm
血液型 A型

「まんぷく」で今井福子を演じる安藤サクラさんのプロフィールです。

 

朝ドラのヒロインは10代後半から20代後半の女優が演じることが多いですが、次の朝ドラ「まんぷく」では32歳子持ちの安藤サクラさんがヒロインとなることで、史上初のママさんヒロインとも言われています。

ちなみに2011年に放送された朝ドラ「おひさま」にも出演しており、朝ドラでの出演は今回が初めてではありません。

 

安藤サクラ

演技力には定評があり、2018年では映画「万引き家族」にてリリー・フランキーとW主演を果たしており、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で最高賞のパルムドールを受賞しており、国際的にも認められている女優さんなんですね!

ちなみにパルムドールを受賞したのは安藤サクラさんではなく「万引き家族」です。

とはいえ審査の場にて審査長である「ケイト・ブランシェット」を始め、ミッションインポッシブルにて登場した美人スパイ役を演じた「レア・セドゥ」や「クリステンセン・スチュワート」などから高い演技力を認められたということは、大変光栄かと思います。

 

安藤サクラさんの家系は由緒正しい家系であり、曽祖父はかつての内閣総理大臣である犬養毅なのです!

戦前に殺害されてしまいましたが、歴史の教科書で皆さんも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

次の朝ドラ「まんぷく」のあらすじと安藤サクラ起用の訳

「まんぷく」のあらすじは、日清食品をモデルとした”インスタントラーメン”の開発を描く作品のようです。

30歳を超えている安藤サクラさんを朝ドラのヒロインに起用したのは、夫を支える妻としての役割が一番活きてくるのが、30歳を超えてからのタイミングだからではないでしょうか。

つまり劇中で「今井福子」が30歳を超えた時に物語が大きく盛り上がる展開になるのだと予想します。

 

また、国際的に認められた演技力も次の朝ドラのヒロインとして選ばれた大きな理由の1つであることは間違いないでしょう!

Sponsored Link

安藤サクラさん 次の朝ドラ「まんぷく」に対するコメント

お話いただいた瞬間は、まず、ものすごく悔しくて。というのも、まさかできるはずないと自分の中で思っていたので。びっくりしたのはもちろん、できないことがものすごく悔しくて、悔しくて。

出産されてからのオファーとのことで、子育てとの両立が難しく出演はできないと思っていたので、相当悔しい思いをしていたようです。

しかしながらNHK含めまんぷくのスタッフが子育てをバックアップするとのことで、ついには次の朝ドラ「まんぷく」のヒロインをしっかりと勤め上げることができると判断されたのでしょう!

 

まとめ

次の朝ドラ「まんぷく」は今までとは違った雰囲気の朝ドラとなりそうですが、10月からの放送が非常に楽しみですね。

安藤サクラさんの演技に期待して10月を待ちましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です