興南高校の宮城大弥投手の身長と出身中学は?ドラフトは成績次第?

宮城大弥

2018年の夏の甲子園に沖縄県から出場する高校は、名門”興南高校”です。

興南高校のエースピッチャーである宮城大弥選手は、高校1年生の時から甲子園のマウンドに立った大物です!

身長は平均的ですが、高身長でなくても活躍できるという希望を与えてくれる存在ですね。

今回は興南高校のエースである宮城大弥選手の成績や、ドラフト評価出身の中学についてもお伝え致します!

Sponsored Link

 

【興南高校】宮城大弥選手のプロフィールは?身長はあまり高くない?

<プロフィール>

名前:宮城大弥(みやぎひろや)

身長:173cm

体重:70kg

学年:高校2年生

利腕:左投・左打

球速:MAX 142km/h

高校1年生の時からスタメンに名を連ね、甲子園のマウンドを踏んだ大物高校生。

身長が高いわけではありませんが、左腕から投げ込まれるMAX142km/hのストレートスライダーカーブチェンジアップを巧みに使いわけるピッチャーです。

かつての島袋投手や比屋根投手を彷彿とさせるトルネード投法と称されることがありますが、島袋投手ほど体を捻った投げ方はしていません。

 

【興南高校】宮城大弥選手の成績は?

宮城大弥選手が有名になったのは2017年の夏の甲子園の予選決勝。

初めて先発として登板した宮城大弥選手は、なんといきなり13三振1失点の完投勝利!

怪物1年生としての先発デビューとなったのです。

 

興南高校のエース、宮城大弥選手は2017年の夏の甲子園の本選でも登板しています。

1回戦の智弁和歌山戦にて先発として登板。

3回まで智弁和歌山打線を無失点に抑えていましたが、4回に2失点、5回ではツーランを浴びて降板。

興南打線は3回に6点を先取するものの、5回には同点に追いつかれ、その後9-6と逆転されてしまい興南高校は智弁和歌山に敗退してしまいました。

 

そして復活を誓う宮城大弥選手は、2018年の甲子園の舞台へと戻ってきました。

予選決勝の糸満高校戦で先発として登板。

糸満打線に一度たりとも2塁を踏ませず、無四球の完封勝利!

本選でも宮城大弥選手のピッチングに期待です。

 

【興南高校】宮城大弥選手のドラフト評価は?

中学三年生の時にU-15の侍ジャパンとしても選抜された興南高校のエース、宮城大弥選手。

スカウトから目立ったコメントはありません。

しかしながら大舞台での経験が豊富であり、左腕であることからこのまま成長をしていけばドラフト候補となるのではないでしょうか。

 

島袋投手は興南高校を卒業したのち進学しましたが、この進学が凶と出てしまったのか故障で不調となってしまったので、そうはならないよう願いたいですね。

Sponsored Link

【興南高校】宮城大弥選手の出身中学は?

宮城大弥選手の出身中学は嘉数中学校(かずちゅうがっこう)であり、現ソフトバンクホークスの島袋選手と同じ中学校を卒業しています。

中学時代は宜野湾ポニーズという硬式野球チームでプレーしており、監督から制球力について高い評価を得ていました。

ちなみに島袋選手は中学校時代は軟式野球部に所属していました。

 

【興南高校】宮城大弥選手のピッチング動画は?

 

【興南高校】エース宮城大弥選手のまとめ

2018年夏の甲子園にて、間違いなくマウンドに上がってくるであろう宮城大弥選手!

昨年の屈辱をはらすべく、復活した姿を甲子園で見せてくれるでしょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です