花巻東高校の西舘勇陽投手の読み方は?成績やドラフト評価は?

西舘勇陽

2018年夏の甲子園、花巻東高校のエースピッチャーは3年生の田中大樹投手です。

しかしながら花巻東の中で最も注目度が高いのは、2年生の西舘勇陽投手です。

今回は西舘勇陽投手の成績や、2019年のドラフトでの評価についてお伝え致します!

Sponsored Link

 

【花巻東】西舘勇陽投手のプロフィールは?

<プロフィール>

名前:西舘勇陽(にしだてゆうひ)

身長:184cm

体重:76kg

学年:高校2年生

利腕:右投・右打

球速:MAX 142km/h

速球主体のパワーピッチングというよりは、持ち前の制球力の高さを活かしたピッチングです。

「指先に目がついているほどの制球力。手先も器用で変化球が素晴らしい。過去2度のセンバツは雄星、大谷で行ってるんだから、西舘は持っている」

引用:日刊スポーツ

監督も西舘勇陽投手の制球力に関して、このようにコメントしていることから素晴らしい制球力を持っているのでしょう。

ストレートのMAXは140km/hですが、高校入学当初は127km/hしかなかったため、来年更に球速が上がる可能性を秘めています。

ストレートの最速を上げつつも、制球力が落ちないピッチングを身に着けることができれば2019年のドラフト候補となることも考えられますね!

 

変化球は、スライダーカーブスプリットが主体であり特にスプリットを決め球として使うことが多いです。

 

また、西舘勇陽投手がつけている背番号の17番は、大先輩である菊池雄星選手(埼玉西武ライオンズ)や大谷翔平選手(米ロサンゼルス・エンゼルス)がつけていた番号でもあります。

このことから西舘勇陽投手に対する期待度の高さが見て取れますね!

 

【花巻東】西舘勇陽の成績は?

2018年の春の甲子園にて、大阪桐蔭戦にて登板した西舘勇陽投手。

4点をリードされた2回に、2番手として登板しました。

しかしながら勢いづいた大阪桐蔭打線を抑えることはできず、2イニングを投げて7失点と手痛い甲子園デビューとなりました。

 

2018年夏の甲子園予選では一度も登板していないようですが、春に発症した腰痛が未だに直っていないのでしょうか?

Sponsored Link

【花巻東】西舘勇陽のドラフト評価は?

大谷翔平選手に憧れて花巻東高校に入学してきた西舘勇陽投手。

西舘勇陽選手はまだ高校2年生であるため、ドラフトにかかる場合は来年の2019年となります。

各球団のスカウトから明確なコメントが出されているわけではありませんが、しっかりとマークしていることは間違いないでしょう。

 

184cmという身長に対して76kgという体重はまだ物足りない物があるかと思いますが、高校3年生になればウェイトアップでしっかりとした体づくりに励むはずです。

 

【花巻東】西舘勇陽のピッチング動画は?

 

【花巻東】西舘勇陽の読み方は?

高校球児を見ていてよく思うのは、名前の読み方が分からないということ。

西舘勇陽・・・にしだて・・・ゆうひ?

そう、読み方は西舘勇陽(にしだてゆうひ)です。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です