吉森照夫副会長はボクシング経歴なしの弁護士?住所は?山根明の経歴も!

吉森照夫
山根明の日本ボクシング連盟の私物化が話題となっていますが、8月1日からのインターハイ開会式の席に山根明の姿はありませんでした。

突如入院という政治家のような理由でインターハイの開会式を欠席した山根明の代わりに姿を現したのが、日本ボクシング連盟の吉森照夫副委員長です。

吉森照夫副委員長は東京大学法学部卒のエリート弁護士のようですが、ボクシングの経歴はあるのでしょうか?

今回は吉森照夫副委員長のボクシング経験と弁護士としての活動について迫ります!

Sponsored Link

 

吉森照夫副委員長はボクシングの経験あり?

会長である山根明にはボクシング経験があるか定かでないと言われている中、吉森照夫副委員長にはボクシングの経験があるのでしょうか?

実際のところは不明であり、関係者でもよっぽど近しい人間でなければ過去の経歴は分からないようです。

なんとなくですが東大卒のエリート弁護士という経歴を見ると、ボクシングの経験はないのではないかと思います。

 

日本ボクシング連盟会長 山根明のボクシング経歴は?

山根明にはボクシングの経験はないのではないかと言われています。

山根明が奈良県ボクシング連盟の理事長となった時からの経歴はある程度明るみに出ているのですが、それ以前にボクシングの経験があるのかどうか、日本ボクシング連盟の関係者ですらよく分からないようです。

あったとしても趣味でやっていたとか、そんな感じなのでしょう。

その状態でどうやって日本ボクシング連盟に携わることができたのか・・・謎が深まります。

Sponsored Link

 

吉森照夫副委員長は弁護士なの?

吉森照夫副委員長は東京大学法学部卒のエリート弁護士です。

ただし、日本ボクシング連盟の公式HPにある肩書きに弁護士の文字はなく、「副会長 兼 専務理事」「アマチュア資格審査委員会委員長」「会計理事」とあるだけです。

つまり日本ボクシング連盟の顧問弁護士ではない・・・のではないでしょうか。

では普段は弁護士として活動しているということになるかと思います。

 

ということで調べた結果、吉森照夫副委員長は自分の弁護士事務所を構えているようです。

・事務所
吉森法律事務所

 

・住所
東京都世田谷区奥沢 5-14-22 自由ヶ丘アビタシオン 103

 

・電話番号
03-3725-6623

また、第一東京弁護士会という会に所属しています。

 

さて、間違っても電凸はしないようにしましょう。

他の働いている人たちが対応に追われて大変なことになります。

 

普段は弁護士として働いており、その他の時間で日本ボクシング連盟の仕事をこなしているという感じのようですね。

しかしながら山根明騒動の一件で非常に印象が悪くなってしまい、法律事務所の評判はかなり下がってしまったでしょう。

今後の事務所の運営に響くレベルなのではないでしょうか。

 

そして足元がこんな状況なので、とても弁護士としての仕事をできる状況ではないですよね。

もしかしたら山根明の弁護をする機会がやってくるかもしれませんね。

 

吉森照夫副委員長のその他情報

8月2日(木)に公式HP上に、生放送を条件として山根明がメディアにて今回の一件の会見を行うと張り出されています。

山根明の名前ではなく、吉森照夫副委員長の名前にて報告が行われていました。

 

あくまでも吉森照夫副委員長を通してということになるわけです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です