智弁和歌山の文元洸成の韓国とは?4番だが送球イップスて本当?

文元洸成

甲子園の強豪智弁和歌山高校の主将である文元洸成選手!

名前を検索すると「韓国」と出てきますが、一体どういう意味なのでしょうか?

また、送球イップスであるという噂についても調べて参りました!

Sponsored Link

 

智弁和歌山4番”文元洸成”選手のプロフィール

<プロフィール>

名前:文元洸成(ふみもとこうせい)

身長:174cm

体重:82kg

学年:高校3年生

利腕:右投・右打

智弁和歌山高校の野球部の主将であり、4番を任されているバッターです。

守備位置はファーストライトですが、かつてはピッチャーでもありサードを守っていたようです。

特徴は逆方向にも長打を打てる広角打者であることですね!

 

1年生の頃からベンチ入りし、早々に5番を任されていました。

監督は文元洸成選手の能力を非常に高く評価していたようですね!

 

2年生の夏の県大会では5試合中2試合の出場にとどまりましたが、2打数1安打2打点の活躍!

なぜフルスタメン出場ではなかったのか疑問が残りますが、何かしらの事情があったのでしょう。

夏の甲子園では沖縄県の興南高校戦で出場し、1打数1安打3四球1犠打と大活躍でチームの勝利に貢献しました。

 

 

文元洸成選手!韓国って何?

グーグルとかで文元洸成と検索すると出てくる「韓国」って何ぞや?

恐らく文元洸成という字面が韓国っぽいということでしょう(笑)

 

出身は兵庫県の西宮市であり恐らく日本人です。

まあ韓国人だったらどうしたって話ですが。

 

カープの新井さんも帰化した在日韓国人ですが、今や日本一愛されているといっても過言ではない野球選手です。

毎年の護摩行がネタにされたり、涙の記者会見がネタになったりしたこともありますが(笑)

まあこれも愛されている証拠ですね!

韓国と聞くだけで怒り狂う人がいますが、そんなことを気にするだけ野暮ですね。

Sponsored Link

文元洸成選手はイップスなの?

2018年の春頃、文元洸成選手はイップスなのではないかという噂が出てきました。


しかしながら甲子園ではスタメンとして出場しているので、イップスであっても克服できたのではないでしょうか。

 

ちなみにイップスとは、これまでできていた運動動作が精神的な理由でできなくなってしまう障害のことを言います。

つまり送球イップスとは、普通にできていた送球が心理的理由によってうまく送球できなくなるということですね。

 

かつては高校生時代のイチロー選手もイップスに悩まされていたようです。

 

甲子園に関するその他の記事

参考:広陵の森悠祐投手(ピッチャー)の成績とドラフト評価は?甲子園で注目!

参考:高知商業の北代真二郎のドラフト評価と進学は?明徳義塾を抑えた右腕

参考:金足農業の”吉田輝星”の成績とドラフト評価は?2018甲子園の怪物右腕!

参考:星稜高校”奥川恭伸”投手はイケメンで彼女が?読み方やドラフト評価は?

参考:興南高校の宮城大弥投手の身長と出身中学は?ドラフトは成績次第?

参考:熱闘甲子園の相言葉がいらないと不評?嵐の相葉雅紀に野球経験は?

参考:作新学院のライト横山陽樹!内野手用グローブで後逸(エラー)も大阪桐蔭に2安打!

 

文元洸成選手のまとめ

智弁和歌山高校は春の甲子園では大阪桐蔭に敗れ準優勝に泣きましたが、夏の甲子園ではリベンジの炎を燃やしているはずです。

主将である文元洸成選手はそんな智弁和歌山を率いて甲子園の舞台に戻ってきました!

活躍が楽しみです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です