花咲徳栄の1年生”井上朋也”外野手の身長は?生駒ボーイズでの野球経歴は?

井上朋也

花咲徳栄高校 VS 鳴門高校の試合は、花咲徳栄高校の逆転勝利で幕を閉じました。

逆転勝利のきっかけとなったのは花咲徳栄の1年生の外野手である7番・井上朋也選手です!

井上朋也選手はどんなプレイヤーなのか、身長を交えたプロフィール、そして大阪の生駒ボーイズでの野球経歴についてお伝え致します!

Sponsored Link

 

花咲徳栄の1年生”井上朋也”外野手の身長を交えたプロフィール

<プロフィール>

名前:井上朋也(いのうえともや)

身長:180cm

体重:80kg

学年:高校1年生

利腕:右投・右打

井上朋也選手の気になる身長は180cmと、一般の男性と比較すると高く、野球選手としてもそこそこの身長です。

体重は80kgなので日頃からしっかりとトレーニングとウェイトの管理をしていることが伺えます!

井上朋也選手は外野手であり、夏の甲子園の予選からずっとライトを守っており、打順は7番で起用されています。

花咲徳栄に入学した直後からスタメンで起用されており、監督の期待度の高さが伺えます。

 

1年生ながら怪物感を漂わせており、専大松戸との試合では2ランを放ち、横浜高校のプロ注目投手でもある及川雅貴投手からホームランを放つなど、その実力は間違いないことを証明しています。

 

夏の甲子園の初戦である鳴門高校戦では、8回に逆転となる2点2塁打を放ちチームの勝利に貢献しました!

打撃成績は4打数3安打2打点と大活躍です。

また、その時の動画がこちらです!

 

鳴門高校がこのまま逃げ切るかな~と思っていたら、花咲徳栄が意地を見せましたね。

甲子園は急に流れが変わることが多いので、プロ野球とは違ったハラハラ感があります!

Sponsored Link

花咲徳栄”井上朋也”外野手の生駒ボーイズでの野球経歴は?

井上朋也

井上朋也外野手は中学生の時は大阪にある生駒ボーイズで野球をしていました。

中学通算24本塁打と本塁打を量産し、2017年には世界少年野球大会の日本代表に選ばれ、中軸として活躍し日本の優勝に貢献しました。

 

花咲徳栄高校は埼玉県にあるわけですが、生駒ボーイズは大阪にあります。

大阪にも強豪校は多いにもかかわらず、なぜわざわざ埼玉県の花咲徳栄高校に進学したのでしょうか?

 

花咲徳栄高校の岩井監督は、生駒ボーイズに足しげく通い井上朋也外野手に熱烈ラブコールをしていたようです。

また、生駒ボーイズの監督と花咲徳栄の岩井監督は同じ東北福祉大の出身であり、生駒ボーイズの監督から岩井監督の素晴らしさを説かれて、花咲徳栄高校への進学を決めました。

 

甲子園に関するその他の記事

参考:広陵の森悠祐投手(ピッチャー)の成績とドラフト評価は?甲子園で注目!

参考:金足農業の”吉田輝星”の成績とドラフト評価は?2018甲子園の怪物右腕!

参考:興南高校の宮城大弥投手の身長と出身中学は?ドラフトは成績次第?

参考:星稜高校”奥川恭伸”投手はイケメンで彼女が?読み方やドラフト評価は?

参考:近江高校の女子マネージャー2人がかわいい!新宮彩海&木村春香の画像は?

参考:東海大星翔高校のチアガールがかわいい!”夏の甲子園”での画像は?

 

花咲徳栄の1年生”井上朋也”外野手のまとめ

花咲徳栄高校の1年生である井上朋也外野手はもしかしたら平成最後の怪物と言えるほどの逸材かもしれませんね。

まだまだ1年生ということでスカウトからの評価が聞こえてくるわけではありませんが、プロ入りも十分狙えるかもしれません!

夏の甲子園でも2回戦以降活躍する姿を見せてくれるでしょう。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です