阿波踊りは徳島新聞が利権を独占するためわざと赤字にしている?

徳島県の阿波踊りがもう大変なことになっていますね。

総踊りの中止をめぐって徳島市長阿波踊り振興協会が対立しています!

そもそも事の発端は一体何なのでしょうか?徳島新聞阿波踊り利権を確保し続けていることが原因とも言われていますが・・・

阿波踊りの利権が絡んでいるといわれてもよく分からないので、阿波踊り問題を1から紐解いてみましょう!

Sponsored Link

 

なぜ阿波踊り振興協会と徳島市長が揉めているのか?

下記の記事でも少しふれましたが、総踊りという阿波踊りの一大イベントの会場を分散させるということに振興協会が反発しています。

参考:山田実理事長?連長?阿波踊り振興協会が強行する総踊りとは?

徳島市長は阿波踊りの赤字を改善させるべく、目玉イベントの会場を分散させて、つまり総踊りを中止して色んな席のチケットの販売を促進させるという策を取りました。

踊り手や振興協会には無断で。

 

勝手に市長が決めたらそりゃあ怒るのも当然ですよね。

ということで阿波踊り振興協会は伝統を守るために総踊りの強行を決定したのです。

 

 

阿波踊りの利権は徳島新聞が牛耳っている?

そもそも阿波踊りというイベントは徳島新聞が主催しているのですが、赤字額は累積で4億3千万円にものぼるのです。

民間企業でこの状態はヤバいですよね。普通なら改善策を練るはずです。

 

赤字の原因の1つは総踊りを見ることが出来ない有料桟敷(観覧席)のチケットの売れ行きが伸びないこと。

総踊りは一大イベントなので、それを見れない席はどうしても売れ行きが良くないそうです。

 

もう1つは徳島新聞が人気な場所の桟敷のチケットの大半を買い占めていることだと言われています。

「全日程・全会場を合わせると、徳島新聞は桟敷席(街中の屋外観覧席)だけで2万席近く押さえています。7月1日の朝10時にチケットの一般販売が開始されましたが、一般向けに割り当てられたチケットが極めて少なかったため、10時2分にはもう売り切れてしまった。おかげでその後、観光協会には苦情の電話が殺到しました」

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52364?page=2

チケットが売り切れる割には、実際の桟敷には空席が目立つとか・・・

 

「徳島新聞が確保した席は、同社のグループ企業や取引先などに優先的に販売されていると聞きます。また、会場に広告看板を出したスポンサー企業に対して、招待券として配ったりもしているようです。

最終的には、徳島新聞からチケットの売り上げが支払われますが、徳島新聞がどの席を誰にどれだけ売って、何枚売れ残ったのかといった詳細は、毎年明らかにされていません」

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52364?page=2

徳島新聞は買い占めたチケットを取引先やスポンサーに優先的に配布しているのです。

ある程度は仕方ないことかもしれないのですが、チケットの最終到達先や金額は不明というのは問題ですね。

 

また看板広告の製作を牛耳って割高な手数料をとっていたり、観光協会が資材を保管する倉庫を徳島新聞が『又貸し』する形になっているといった情報もあります。

 

そんなこんなで「赤字をなんとかしようぜ」という観光協会と徳島新聞との間でドンパチがあるのですが、結局うまくいきませんでした。

 


【おさらい】

・徳島新聞主催する阿波踊りは赤字
・徳島新聞がチケットを買い占めているが金額や行き先は不透明
・阿波踊りに関する利権は徳島新聞ほぼ牛耳っている
・市長が赤字体質の改善をすべく総踊りを中止
・振興協会は総踊りの中止に反発し強行


ということですが、阿波踊りが赤字イベントなら徳島新聞としても何とかしたいはずなのではないでしょうか?

妙ですよね・・・

ということでその点は次の項目で検証してまいります!

Sponsored Link

 

徳島新聞は阿波踊りをわざと赤字にしている?

そもそも阿波踊りの赤字ってどこから補填されているのでしょうか?


つまり赤字の補填は市のお金で補填されているわけですから、徳島新聞としては赤字でも大して問題ではないということです。

なので問題の本質は総踊りがうんぬんではなく、阿波踊りの利権を牛耳っている徳島新聞をなんとかして収益を改善しろよ!

ということですね!

 

また、徳島市の遠藤市長は徳島新聞グループの出身ということで、徳島新聞と癒着しているのではないかとの噂があります。

真相は不明ですが、ちょっときな臭いですね(笑)

 

遠藤彰良 市長徳島市の遠藤(彰良)市長の任期や経歴は?徳島新聞の出身で総踊り中止?

参考:徳島市の遠藤(彰良)市長の任期や経歴は?徳島新聞の出身で総踊り中止?

 

とはいえさすがにわざと赤字にしていることはないでしょう。

ただし赤字でも構わないというスタンスではあると推測されます。

 

徳島新聞の利権と赤字問題のまとめ

まとめ
・徳島新聞が阿波踊りの利権を牛耳っている
・阿波踊りが赤字だが資金は市から補填
・市長は徳島新聞グループ出身だから癒着している?
・総踊りの中止はそもそも本質的解決ではない

徳島新聞が阿波踊りの利権を牛耳っており、阿波踊りは赤字だけれども市から補填されるので痛くもかゆくもない。

赤字は市民の血税で支払われているので、市民にとっては大問題。

市長がなんとか収益改善案(総踊りの中止)を強行したものの、それが振興協会の逆鱗に触れてしまった。

 

という流れですね!

なので総踊りの中止というのは根本的な問題の一端といえるでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です