大阪桐蔭の3塁コーチャーは誰?イケメン俵藤夏冴の読み方は?

俵藤 夏冴 大阪桐蔭 3塁コーチャー

大阪桐蔭3塁コーチャーが、タイムをかけて打球が当たった相手(浦和学院)の河北投手にコールドスプレーをかけにいくという行為が取り上げられています。

スポーツマンシップの鑑のような漢の中の漢!見た目だけでなく心もイケメンです。

彼は一体誰なのでしょうか?

そう、大阪桐蔭イケメン3塁コーチャーの名前は俵藤夏冴ひょうどうなさ)です。

Sponsored Link

 

【大阪桐蔭】イケメン3塁コーチャー「俵藤夏冴」の読み方は?

俵藤 夏冴 大阪桐蔭 3塁コーチャー

よ、読めない・・・と思った方は多いかと思います。

大阪桐蔭のイケメン3塁コーチャーの名前の読み方は「ひょうどう なさ」です。

名前もカッコいいですね。

 

見た目、心、名前の3拍子がイケメンな俵藤夏冴選手は、まさしくお手本のような高校球児ですね!

こちらが浦和学院の河北投手にコールドスプレーをかけにいくシーンです。

自然とこんなことが出来る人って、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

【大阪桐蔭】俵藤夏冴(ひょうどうなさ)選手のプロフィール

<プロフィール>

名前:俵藤 夏冴(ひょうどう なさ)

身長:181cm

体重:75kg

学年:高校3年生

利腕:右投・右打

守備:遊撃手(ショート)

俵藤夏冴選手は愛媛県今治市の出身で、中学時代は四国で野球をプレーしていました。

中学時代は四国ナンバーワンショート(遊撃手)として名をはせた内野手です。

投手としてもMAX135km/hの直球を投げることができ、なんでもできるユーティリティプレイヤーだったのです。

 

ショートだけでなく内外野、はたまた捕手の経験もあり故木村拓也選手を彷彿とさせますね。

好きな球団は福岡ソフトバンクホークスであり、好きな選手は同球団の今宮健太選手だそうです!

 

Sponsored Link

 

【大阪桐蔭】俵藤夏冴(ひょうどうなさ)選手に対する声

【大阪桐蔭】俵藤夏冴(ひょうどうなさ)選手の高校での成績は?

俵藤 夏冴 大阪桐蔭 3塁コーチャー

2018年夏の甲子園ではまだ2回しか打席には立っていません。

8月13日の沖学園戦では7回裏に代打として出場。

結果はキャッチャーフライに倒れました。

 

8月18日の報徳学園戦では打席に立っておらず、9回裏にセカンドの守備につきました。

基本的には3塁コーチャーとして大阪桐蔭を支えていました。

 

【大阪桐蔭】俵藤夏冴(ひょうどうなさ)選手のまとめ

俵藤夏冴(ひょうどうなさ)選手が守るショートは、大阪桐蔭の怪物「根尾昴」選手が守る位置でもあるので、数あるポジションの中でもレギュラーを取るのが非常に難しい守備位置かもしれません。

しかしながら代打での出場も考えられるので、次の試合では打席にたつ俵藤 夏冴(ひょうどうなさ)選手の姿を見たいですね!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です