正村公弘(八戸学院大学)の経歴は?金足農業の吉田輝星の恩師?

金足農業高校の絶対的なエースである吉田輝星投手。

複数球団からドラフト1位を検討されていますが、以前は八戸学院大学の進学が有力視されていました。

なぜなら吉田輝星投手は八戸学院大学の「正村公弘」監督の指導で飛躍的に成長を遂げたからです。

では恩師ともいえる正村公弘監督はどのような人物なのでしょうか?

正村公弘監督の経歴を調査してまいりました!

Sponsored Link

 

正村公弘監督は吉田輝星投手の恩師なのか?

正村公弘監督が吉田輝星の恩師と言われる所以は、2017年に遡ります。

2017年の10月頃から、吉田輝星投手は正村監督の指導を受けていました。

 

直球を活かすためのスライダーと、投手にとって大事な下半身を使った投球フォームのトレーニングをしたのです。

解説者から「下半身を使って投げているので、安定している」と評価されるのは、正村監督の指導があったからだと思われます。

 

もしかしたら、正村監督の存在なしでは金足農業の快進撃は起こらなかったのかもしれませんね。

 

正村公弘監督の経歴は?

正村公弘監督

生年月日:1963年6月7日生まれ
経  歴:東海大浦安高校東海大学NTT東日本
守備位置:投手

正村監督は元々投手であったため、吉田輝星投手にスライダーやフォームの指導をすることができたのでしょう。

プロの経験はありませんが、34歳まで現役の選手として活躍し、2003年4月から八戸学院大学硬式野球部のコーチに就任しました。

2010年12月には同大学の監督に就任し、2018年も未だに八戸学院大学の監督としてチームを率いています。

 

2003年から15年にわたって八戸学院大学の指導者としての経歴を持っていると考えると、もはや八戸学院大学硬式野球部の生き字引ですね。

Sponsored Link

 

吉田輝星投手は八戸学院大学に進学するのか?プロに進むのか?

吉田輝星投手の八戸学院大学への進学はすでに内定しているようなのですが、各球団がドラフト1位指名を検討する状態です。

吉田輝星投手自身も巨人に行きたいと発言しています。

色々なやり取りがあったと思うのですが、高卒でドラ1確定と言われているのであれば大学の進学はどうなのかなあというのが正直なところです。

 

興南高校の島袋投手はドラフト1位とも言われていましたが、大学に進学した後に226球の完投などの酷使により、現在は悶々としたプロ野球生活を送っています。

ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手も、甲子園を湧かせたピッチャーですがプロになってからはパッとしません。

フォームから躍動感も消えました。

 

広陵高校の有原航平投手なんかは大学に行ってもプロでしっかりとやれてはいますが・・・

人それぞれですよね。

 

進学と高卒プロ入りのどちらが結果的に良いのか分かりませんが、これは吉田輝星投手が決めることであり、外野が騒ぐことではないでしょう。

 

正村公弘監督の経歴まとめ

吉田輝星

正村公弘監督は15年間にわたり八戸学院大学にて指導者として在籍しています。

吉田輝星投手との間にどんなやり取りがあったのか分かりませんが、今後の吉田輝星投手の進退に注目ですね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です