SAO3期の作画が綺麗!4クールなので作画崩壊と過労死が心配?~アリシゼーション~

SAO3期こと『アリシゼーション』編が10月から放送開始です!

深夜アニメとしては異例中の異例である、4クールに渡っての放送です。

つまり丸1年間SAO3期の放送が続きます。

また、公開されたPVの作画が非常に綺麗だと言われていますが、1年間この作画を維持できるのか心配する声もあります。

SAO作画崩壊し始めたら嫌ですよね。

またこの作画を維持し続けることを考えて、制作会社のアニメーターの過労死を心配している人もいます。

 

ではSAO3期『アリシゼーション』についての諸々をお伝え致します!

Sponsored Link

 

SAO3期『アリシゼーション』の作画が綺麗!

確かに作画が凄く綺麗ですね。

一部CGを使っているのか?と思うほどヌルヌル動きます。

 

また4クールも放送することで一部では『受験生を落としにかかっている』とも言われているようです(笑)

まあ週に1回30分程度SAOを見る時間くらいなんとか確保できるでしょう!

 

ただし4クールやるということで、SAOを最初から見始めようと思ったら結構えぐいですね。

1期、2期、3期合わせて全部で8クール、2年間分の放送量です。

後は劇場版と番外編等もありますが、とにかく物量が凄いです(笑)

 

SAO3期『アリシゼーション』の作画崩壊が心配

SAO3期『アリシゼーション』

制作会社は【A-1 Pictures】です。

SAOシリーズをずっと手掛けてきた会社でありますが、作画が良い作品と悪い作品の差が激しいとも言われています。

ちなみに代表作はこちら。

・ソードアートオンラインシリーズ

・冴えない彼女の育てかた

・四月は君の嘘

・Fate/Apocrypha

・エロマンガ先生

・アイドルマスターシンデレラガールズ

・僕だけがいない街

・WORKING!!

・七つの大罪

他にも多数あるのですが、かなりのアニメ作品を手掛けている会社です。

個人的にはそんなに作画は悪くないと思うんですけどね。

冴えカノは結構いい作画だったと思いまし、SAOも劇場版オーディナルスケールの作画は高評価を得ています。

 

が、作画崩壊が心配される理由は会社の技量よりも次の問題が一番大きいのです。

Sponsored Link

SAO3期『アリシゼーション』の制作会社の過労死は大丈夫?

過労のサラリーマン

作画崩壊が心配されると共に、アニメーターの過労死も心配されています。

ネタではなく、A-1 Picturesは1度過労死事件を起こしています

 

同社で勤務していた28歳の正社員の男性が自殺をし、過労死が認定されました。

残業代は支払われることはなく、ネット上に「10ヶ月で3日しか休みがない」「午前4時過ぎても仕事が終わらない」と書き記すなど、非常に過酷な労働条件で働いていたのです。

月600時間労働なんてこともあったようです。1日あたり20時間も働いている計算になりますね・・・

新宿労基署は男性に対して、在職中にうつ病を発症しその前の2~4ヶ月に少なくとも100時間を超える残業があったと認定しました。

 

こんなことがあったので、高水準の作画を維持できるのか?維持できてもアニメーターが過労死してしまうのではないか?

という心配がされています。

 

SAO3期『アリシゼーション』の作画まとめ

SAO3期『アリシゼーション』

公開されたPVで美しい作画を見せてくれたSAOの3期ですが、作中でも人気の高い『アリシゼーション』編のアニメ化ということもあり期待が高まっています。

アニメーターが過労死せず綺麗な作画で1年間放送を続けて欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です