台風24号で関西国際空港の飛行機は?ANAやJALの国内線欠航情報!

9月も終わりを迎えようとしていますが、勢力の強い台風24号が日本列島を縦断する予定となっています。

台風21号が関西圏を中心に甚大な被害をもたらしたことが記憶に新しいですが、台風24号も非常に勢力が強く日本列島上陸の段階で940hPa近くなると予想されています。

台風24号の影響で関西国際空港はまた浸水等の影響を受けるのでしょうか。

日曜日の夜に直撃する可能性が高いので、ANAJALの結構の予定等が発表されていないのか調べて参りました!

Sponsored Link

 

台風24号の進路予報(9/28 09:00時点)

①気象庁の進路予報

台風24号の進路予報(気象庁)

前日から予報は大きく変わらず、関西圏に影響を及ぼすのは30日(日)の夜中となる模様です。

日曜日もお仕事の方はご注意ください。

中心気圧は現時点で950hPaと非常に強い台風です。

 

②米軍の予報

台風24号の進路予報(米軍)

米軍の予報では、気象庁やECMWFよりも若干ですが北上するスピードが速いです。

30日(日)のPM~夜中が関西のピークになる予報となっています。

 

③ECMWFの予報(ヨーロッパ中期予報センター)

関空近辺を台風が通過するのは30日(日)の夜中となりそうです。

日付が変わる頃には台風の中心は岐阜県あたりまで移動しており、1日(月)の朝方には関西圏から遠く離れていく予報となっています。

 

 

台風24号の進路予報(9/27 16:00時点)

①気象庁の予報

気象庁の台風24号進路予報

気象庁の予報では、台風24号は日本列島を縦断する予報となっています。

関西地方に上陸するのは30日(日)の夜になると考えられます。

30日は日曜日であり、休日の方は多いと思いますが外出は避けた方がよさそうです。

 

②米軍の予報

米軍による台風24号の進路予報

米軍予報は世界標準時で時間が表示されているので、日本時間は+9時間となります。

気象庁の予報と大きくは変わらず、米軍予報が僅かに東に逸れています。

関西地方には30日(日)の午後から夜にかけての上陸となりそうですね。

 

③ECMWFの予報(ヨーロッパ中期予報センター)

ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の予報を可視化した予報図です。

シークバーで時間を調整すれば、その時間帯での台風の現在地を知ることが出来ます。

ECMWFの予報では30日(日)の夕方から深夜にかけて関西地方を通り抜ける予報になっています。

 

気象庁や米軍とも進路や時間帯がかぶるので、日本列島直撃の可能性は非常に高いでしょう。

30日(日)のPMは十分注意が必要となります。

Sponsored Link

 

台風24号の関西国際空港への影響は?

台風21号で関空のターミナルや滑走路が浸水し、連絡橋に船が衝突するという大事故まで発生しました。

台風24号の勢力は非常に強く、またしても浸水する可能性はあると言わざるをえないでしょう。

この短期間で防波堤を作るわけにもいきませんし。

 

関空側の対応としては以下の2点を強化するとのことです。

①多言語でのアナウンス強化

⇒台風21号の際、外国人へのアナウンスに課題があったため改善を図る

 

②地下の電源対策

⇒滑走路や地下のターミナルが浸水しても、地価の電源は浸水しないよう対策を強化

滑走路やターミナルの浸水は関空側も覚悟しているということでしょうか。

それでも地下電源だけはなんとか守るということでしょうね。

 

30日(日)は関空に近づかないほうがいいのは間違いないです。

連絡橋に船がまた衝突することは、さすがにないかと思いますが。

 

関西国際空港のANAやJALの欠航予定は?

関空に近づかないほうがいいのは間違いありませんが、どうしても利用しないといけないという方もいらっしゃるでしょう。

ANAやJALはすでにホームページで運航状況の見通しを発表しています。

9月27日(木)の時点で与那国島発着便を中心にすでに欠航が発生しています。

十分ご注意ください。

参考 台風24号 JALの欠航予定運航状況のご案内(国内線)

9月27日(木)時点で、近畿地方の空港は30日(日)の終日に渡って影響が出る可能性があると発表しています。

 

参考 台風24号 ANAの欠航予定台風24号による運航への影響について

ANAでは影響が出る空港については、運航2日前の21:00に発表をします。

台風24号の影響については9月28日(金)21:00の段階で発表が出されるでしょう。

 

進路がこのままだと30日PMに関空を離発着する便は欠航するんじゃないかなあと思います。

個人的な予測ですが、着便についてもダイバートするには台風進路が悪すぎるので、他の空港から向かうのも難しいのではないでしょうか。

そもそも関空に着陸できる場所があるのかも分かりません。

 

台風24号と関西国際空港のまとめ

台風24号の進路は、「気象庁」「米軍」「ECMWF」の全てが日本列島を縦断する予報を出しています。

今までならちょっと風が強いくらいというイメージだったかもしれませんが、台風21号でそのイメージはガラリと変わったのではないでしょうか。

関西圏の方は30日(日)はむやみに外出しない方がいいでしょう。

Sponsored Link