桜井日奈子は目頭切開のプチ整形をしたから不自然なのか?徹底検証!

桜井日奈子さんは目頭を切開していると言われていますが、本当にそうなのでしょうか。それが原因で目が不自然とも言われてしまうことがありますが、信憑性はあるのか!

今回は、

  • 目頭切開とはそもそも何なのか
  • 目頭切開をするとどうなるのか
  • 桜井日奈子さんは目頭切開をしたのか

の3点についてお伝えしたいと思います!

Sponsored Link

目頭切開をするとどうなるのか?

目頭切開

目頭部分の覆いかぶさった皮膚を切開することにより、目が大きく見えるようになるんです。

上記の画像のように目頭の皮膚を切ると目そのものの面積が少し大きくなります。注意して見ないと多くの人は分からないレベルですが、これで目が大きくなることで僅かにパッチリとした印象を与えることができます。

目頭の部分って赤いはずなんですが、目頭が切開するとその部分がはっきりと見えるようになります。

目頭切開って一体何?

目頭切開は、目頭の皮膚を切開して目の横幅を鼻の方へ広げ、目を大きく見せる手術です。専門的には内眥(ないし)形成術または内眼角形成術といいます。蒙古(もうこ)ひだという、東洋人特有のまぶたを持つ方に適しており、多くの場合、二重まぶた切開と組み合わせて行います。

引用:自由が丘クリニック

東洋人の目頭(鼻に近い方)って皮膚が目の上の方を覆いかぶさってることが多いんです。なのでその覆っている部分を開けさせることによって、目を大きく見せる手術のことです。

病気が原因の手術ではないので美容整形に該当しますね。

目に関する美容整形は結構多いらしく、芸能人も目をいじっていることは多いとのこと。整形の医者が見れば一発で分かるそうです!

Sponsored Link

桜井日奈子が目頭切開をしたのか検証

①目頭切開の見分け方


目頭切開をすると、目頭の部分だけがぷっくりと突出した感じになりやすいです。もちろんぷっくりとしている人が全員目頭切開をしているわけではありません。

  • 目頭切開の粘膜が不自然
  • 目頭と目尻の幅がおかしい
  • 目が寄りすぎている

などなど様々な見分け方があるようです。ただ、目が寄りすぎてしまう場合には「目頭切開」を医者がおすすめしてこないケースがあるようですね。

美容目的の整形なので当たり前といえば当たり前ですが。

 

②桜井日奈子の目頭

桜井日奈子

桜井日奈子

上記は2枚とも2019年の桜井日奈子さんの画像です。際立って目頭が目立つようなわけではなく元々このような目だったと言われれば、それで納得してしまいます。

とりわけ不自然な形ではないので、目頭切開をした可能性は高くはないのかなと思います。

目が寄りすぎているわけでもなく、目尻とのバランスがおかしいとも思えません。一時期目が腫れぼったい時があったので、そう言われていたのかもしれませんね。

 

③昔と今の目の画像を比較

昔の画像を比較すれば最も手っ取り早いのでは!?ということでかなり若い頃の桜井日奈子さんと、2019年現在の桜井日奈子さんの目を比較してみました。

桜井日奈子

2014年の桜井日奈子さん

桜井日奈子

2019年の桜井日奈子さん

 

上が17歳の時の写真で、下が21歳の時の写真です。

目の形は同じであり二重のラインも昔から変わってはいません。少なくとも芸能界に入ってからは目をいじってはいないのかと思います!中学生や高校生の時にいじった可能性はゼロではありませんが。

これだけかわいければちょっと顔をいじったくらいでは、簡単には気づきそうにないですね!

 

桜井日奈子と目頭切開のまとめ

  • デビュー当時と目の形が変わっていない
  • 目頭切開の特徴も見られない

以上の2点から桜井日奈子さんは目頭切開をしていない可能性が高いと結論づけました!

ぶっちゃけ目頭をちょっといじるくらいなら、元から可愛くないとあまり意味がないような気がしますが(笑)

Sponsored Link