新元号「令和」の由来は日本の万葉集!なぜ中国古典ではないのか?

新元号は「令和」となりました。
ちなみに2019年の5月から新元号となるので、4月中はまだ平成ですよ!

令和の由来は万葉集なのですが、万葉集は日本の古典です。
これまでは中国の古典から引用しているため、
かなり特異な元号となりました。

今回は

  • 令和の由来
  • 日本の古典から引用した理由

についてお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

新元号「令和」の由来は?

万葉集の梅の花の歌32首の序文が由来となっています。

天平二年正月の十三日、帥の老の宅に萃ひて、宴会を申ぶ。時に初春の令月、気淑く風和ぐ
梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。

引用:万葉集を詠む

ここに記された令月から引用をしているようです。
令月は、

  • めでたい月
  • 全て物事を行うのにいい月

という意味があります。

専門家でも日本の古典から引用される可能性はあると見る人は多かったですが、
「まさか和歌集から引用されるとは思わなかった」と驚く声があるようです。

 

また「令和」の意味について、安倍総理から下記のように発言がありましたので簡単にまとめてみました。

「人々が心を寄せ集め文化を育む。
万葉集は日本最古の和歌集であり、天皇や皇族・貴族だけでなく、防人や農民など幅広い人が呼んだ。

つまり長い歴史と文化を育んだ和歌集と言える。そんな日本の国柄を引き継いでいく。

厳しい寒さのあとに春の訪れをつげ、見事に咲き誇る梅の花のように、
日本人が明日への希望を持つと共に、花を咲かせるような日本でありたいとの願いがある。

文化を育み自然の美しさを愛でることに感謝をしながら、平和で希望に満ちた未来を切り開く。」

安倍総理はその後の質問タイムでも「万葉集は身分が高いものだけではなく、平民も読んだ。」ことを強調していました。
1億総活躍社会との発言もあり「国家」としてよりも「国民」を考えての元号なのかなと思います。

Sponsored Link

「令和」日本の古典から引用した理由は?

2019年は歴史の大きな転換点にあり、日本には色褪せることのない価値がある。

これは聞きたい答えではないような気がしますが、安倍総理はこう語りました。

しかし本当の意味は下記の発言に全てが詰まっているのではないかと思います。

日本は変わっていかなければならない。
変わることを前向きに考えていこうと。

激動の時代であり、時代は大きく変わろうとしています。
その中で元号の由来についても変革を起こそうと思い実行したわけです。

これは「現安倍内閣」が「変革を恐れない」ということの意思表示の1つでもあるのかなと。
その一端として元号の由来を従来どおりではなく、
日本の古典書である「万葉集」から引用したのだと考えます。

安倍内閣は変革を恐れない、変わることを前向きに捉えるというメッセージなのではないでしょうか。

 

平成の元号の由来は?

これまでの元号の由来は全て中国の古典からとられています。
「平成」という元号の由来ももちろん中国の古典です。

平成は中国の古典『史記』の「内」、
『書経』の「地」から取られています。

内平外成は国内は平和で他国との関係性も良好
近隣諸国との関係は良好と言えない状況ではありますが(笑)

地平天成は世界は平和で皆栄えてるということ。みんなハッピーということです。

元号である以上幸せ~な感じがでていますね。

 

新元号「令和」の由来と出典のまとめ

  • 由来は万葉集
  • 日本古典からの引用は変革のメッセージ?

由来は万葉集であり「皆で希望を持って生きていこうね」という感じのメッセージでした。

また、従来どおり中国古典からの引用をやめ、
日本古典の万葉集からの引用は「安倍内閣は変革を恐れない」と伝えたかったのかなと。

そう思いました。

Sponsored Link