レペゼン地球のまるが病気「自律神経失調症」ってヤバくないか?

レペゼン地球が4月2日に活動休止をすると報告しました。

エイプリルフールなのでは?と思って見た方も多いでしょうが、
休止するのはガチのようです。

気になるのはレペゼン地球の活動休止の理由ですね。
色々な情報を基に考察をしてみたいと思います!

特に

まるの病気「自律神経失調症」説について

フォーカスしてみました。

Sponsored Link

レペゼン地球活動休止のポイント

  1. 活動休止報告の動画にはDJ社長だけが登場
  2. 活動休止の理由は4月中には説明予定
  3. 夏のライブツアーは必ず行う
  4. 夏のツアー前には活動ができるよう全力で取り組む
  5. 4月中は曲も出し動画もできる限り更新する

 

①レペゼン地球の会見

活動休止報告の動画に写っているのは、DJ社長1人だけであり他のメンバーがいません。

「どうしてDJ社長が1人だけで謝罪をしているのか?」

とファンの間では噂になっており、

「メンバーの誰かが出られない状況なのではないのか?」

「メンバーの誰かが出られないなら、全員を出さないことで誰が出られないのかを悟られないように、DJ社長が1人で会見している。」

といった見方があります。そのため4月2日の時点で、すでにメンバーの誰かが動画に出られない状況である可能性があります。

 

②4月中には活動休止を説明予定

4月中、つまり今月中に活動休止理由を説明する予定だとDJ社長は発言しています。

今はまだ話せない理由があるということだと推測されます。

恐らく今も水面下ではその理由に関することが進行中で、話せるレベルにはまとまっていないということでしょう。

 

③夏のライブツアーは必ず行う


レペゼン地球はYoutuberだと思っている人が多いですが、レペゼン地球は一応DJの集団です。

夏に予定されているライブのツアーは必ず行いますと、強い口調で発言していました。

そのため「活動休止理由はレペゼン地球が解散するレベルのことではない」と考えられます。

 

④ツアー前には活動再開を目指す

ツアー前には活動再開、ということは活動休止期間は半年もないということです。

逮捕が理由だと夏のライブツアー前の復帰や、ツアーの実行は困難だろうとの見方が強いです。

 

⑤4月中は活動を継続する

今すぐに活動を止めるほどではない。

少なくとも4月中は活動を継続できるだろう、という見込みがあっての発言です。

曲も出すし、動画もできる限り出していく

 

活動休止理由は逮捕や裁判ではない?


この意見はかなり的を得ていると思うんですよ。
逮捕されたら何らかのメディアがすっぱ抜いてすでに報道されているはず。

なので逮捕されたという可能性は低いのではないかなと思います。

裁判という噂もありますが、裁判沙汰なら4月中は活動を続けるというのはちょっと難しいのかなと思います。
復帰はありえても動画投稿時から目処が立つまでは、当面の間活動休止となるのではないでしょうか。

それに4月7日のサンリオライブは行っているので、不祥事系の問題ではないのかなと。

Sponsored Link

活動休止はまるの病気「自律神経失調症」説か

まるは医者に自律神経失調症と診断されました。そのため、これがレペゼン地球一時活動休止の理由なのではないかと言われています。

上記の動画は、レペゼンの「まる」と「カルマ」の2人が健康診断を受けるという企画。

ちなみに、この動画の投稿日は2019年4月2日と非常にタイムリーです。

 

まるは自律神経失調症

まるは自律神経失調症と診断されました。

まるは自律神経失調症

病名:自律神経失調症

 

精神系に異常あり、早急に治療が必要です。

当院での治療に難があるため、
医学部附属病院への紹介状を別途付属致します。

脳に異常が発見されたとも記されているようです。

 

自律神経失調症は精神的なストレスや生活習慣の乱れが原因となることが多いようです。

その結果体のあちこちに不調がでるというもの。詳しく知りたい方は医療機関の説明を御覧ください。

 

ちなみにですが、カルマの診断はガチで洒落にならないものらしく、ピー音で診断がかき消されていました。

心臓に何かがあるようです。エンターテイナーって裏では本当に苦労が絶えないんだなと思いますね。

 

レペゼン地球活動休止理由のまとめ

メンバーの誰かに何かがあった。という可能性が高いと思われますが、まだまだ分からないことだらけ。

ふぉいの脱退疑惑説もありますが、何が何だか分からない状況。

若い人はパット見で、遊んでいるように見えるかもしれないレペゼン地球ですが、していることややっていることは経営者そのもの。

仕事にかける情熱は間違いなく本物なので、エンターテイナーとして引き続き活躍してほしいですね。

Sponsored Link