アサンジが逮捕されたのはなぜ?理由は圧力とモレノ大統領の恨みか?

ウィキリークスの創設者アサンジさんが逮捕されました。

一体なぜ逮捕されたのかってちゃんと報道されていません。

何かの陰謀くさい感じがしますよね。

何で突然ウィキリークスの創設者のアサンジさんが逮捕されたのか、解説を踏まえて色んな説を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

アサンジってそもそも誰?

ジュリアン アサンジ

ジュリアン・アサンジさんは天才ハッカーでありジャーナリストでもある人物。

そして、『ウィキリークス』というサイトの創設者です。

ウィキリークスってみなさん、一度は聞いたことがあるんじゃないかと思います。

政府や公的機関などの情報を暴露するサイトのことですね。

イラク戦争で米軍のヘリが市民を蹂躙する動画が暴露されたことでも有名です。

これはニュースでも報道されたりしていました。僕はテレビのニュースで見た記憶があります。

国家からしてみればアサンジさんって相当邪魔な存在なんですよね。特にアメリカ

公にしたくない、隠しておきたい出来事を暴露されるリスクがあるからです。

 

アサンジが逮捕された理由は何と報道されているのか?

英裁判所の決定に従わず大使館での籠城を続けたことが直接の容疑。

引用:Yahooニュース

英裁判所の決定って何か気になりますよね。

でもこのニュースの中には書かれていない。ということで調べてみました。

2010年にアサンジさんは一度イギリスで逮捕されています。

理由は「スウェーデンで女性に対してみだらな行為をしたこと」なんですが、真意は不明です。

とりあえず難癖つけて勾留した可能性はありますよね。

なんといってもイギリスからしてもウィキリークスの存在は相当邪魔なんですから。

真相は闇の中ですね。

そして、2012年にアサンジさんは一度釈放されるんです。

このままだとアメリカに身柄を引き渡されてとんでもない目に合うだろうと察知し、仮釈放の間にイギリスのエクアドル大使館に逃げ込んだんです。

イギリスはエクアドル大使館に逃げ込んだため手が出せなかったんですが、エクアドル側が亡命の受け入れを撤回し警察が踏み込んで逮捕されたという流れです。

Sponsored Link

アサンジは現在まで何をやっていたのか


エクアドルの大使館に逃げ込んだアサンジさん。

なんと7年間もの間エクアドルの大使館に逃げ込んでいたんです。

7年も亡命していたなんてまあ想像がつかないくらい大変だったと思います。

それで突如エクアドルが亡命を受け付けないなんて恐ろしいですよね。

 

アサンジが逮捕された説をいくつか紹介

①アメリカの圧力説

CIA

スウェーデンでのみだらな行為って本当にあったのかどうかはよく分かりません。

というかイギリスやアメリカにしてみれば多分真偽はどうでもいいんですね。

とりあえず別件でもいいから逮捕して、本来裁きたい罪で裁こうというのは珍しいことではありません。

日本では地下鉄サリン事件の時にそんな手法が使われていました。

そこで囁かれているのがアメリカの圧力説。

アメリカからするとウィキリークスは脅威の存在。

そんなものを作ったアサンジさんを許せるはずがないし、野放しにしておけば権威にも関わります。

なのでアメリカがエクアドル政府に圧力をかけたのではないかと囁かれています。

僕は正直この説を信じています。

話の流れとしては最も自然で、おかしな点がないからですね。

少なくともアメリカは今回の件に何らかの形で関わっているはず。

 

と思っていたら4月11日の23時以降にこんなニュースが流れてきました。

ウィキリークス創設者、ジュリアン・アサンジは今日、米政府の機密コンピュータに侵入する共謀に対する連邦罪で、米英引き渡し条約に従い、英国で逮捕された

引用:Sputonik

今回の亡命受け入れの拒否にアメリカが関与していた可能性が高まりましたね。

エクアドルのモレノ大統領が親米路線を取るということの表明という説もあります。

 

②モレノ大統領の延命説


エクアドルのモレノ大統領って今汚職疑惑がかけられているんですね。

タックスヘイブンにペーパーカンパニーを設立して、不正に金銭を受け取っていたと言われています。

バレた原因がウィキリークスだと言いたいのか、目をそらせたいだけなのかは分かりません。

目をそらせる意図だと、今回の亡命受け入れ拒否は余計に目立ってしまいますから、単なる私念なのかなと思います。

また、ウィキリークスはモレノ大統領の汚職に関する文書を同国の国会議員に渡したことが原因で、亡命の受け入れ拒否に繋がったと報じています。

 

アサンジの逮捕についてまとめ

イギリスとアメリカはアサンジさんをなんとかしたかったし、エクアドルもモレノ大統領が汚職疑惑の恨みを買ってしまい、両者の思惑が一致したことでアサンジさんは逮捕されてしまったのかなと。

いずれにせよ今後アサンジさんの身柄がどこに引き渡されるのかが重要です。

アメリカに渡されるようなことがあると、どんな判決を受けるのか分かりません。

ただし世論はアメリカの市民を含めて、多くがアサンジさんの味方をするでしょうから、国としても大きくは動けないかもしれませんね。

皆さんはどう思いますか?それでは!

Sponsored Link