ラジエーションハウスがつまらないのは本田翼・テンポ・原作のせいだ!

4月から月9ドラマ「ラジエーションハウス」が放送されていますが、つまらないと感じる人は少なくありません。

ラジエーションハウスをつまらないと評する人には、いくつかの共通点があるかと思います。

それは「本田翼」「テンポ」「原作」に起因しているんです。別に原作が悪いと言ってるわけじゃないので、原作ファンの方は安心してください。

ではなぜこれらの要素が、ドラマ「ラジエーションハウス」をつまらなくしているのかを説明していきます!

Sponsored Link

ラジエーションハウスがつまらない原因

①テンポが悪い

つまらなそうにしている人

テンポが悪いドラマって嫌われがちですよね。

日常系アニメとかならまあテンポが悪くてもいいんですが、起承転結がはっきりした作品にとってテンポが悪いのは致命的。

次の展開が気になって作品を見ているわけですから、展開が進まないと見ている側にとってはストレスになります。

「次が気になる!」という感情を通り越して、「長ったらしいから見るのやめよう。」となっちゃうこともありますよね。

特に海外のドラマをよく見る人はこの点が気になるかも。

アメリカ産の刑事ドラマとかはかなりテンポ重視で話が進んでいきますから、見ていて飽きがこないんですよね。

日本でも深夜ドラマって結構テンポいいですよね。深夜ドラマが受けるのは「テンポ」が関係しているのかもしれません。

話がそれてしまいましたが、ラジエーションハウスがつまらまいと感じる原因はテンポの悪さに起因する、ストレスが原因だと考えられます。

 

②原作を知っているから

ラジエーションハウス

ラジエーションハウスは漫画が原作なんですよね。

原作を知っているということは、先の展開を知っているということです。

先の展開を知っているものをわざわざ見ているわけですから、「この先の展開知ってるんだよな~」となっちゃうわけですよね。

みなさんも同じような経験はありませんか?原作が映像作品化されたのを見ても、先の展開を知っているから途中で見るのをやめてしまったこと

僕はたくさんあります(笑)

余程好きな役者が出ているとか、余程原作が好きでないと1クール継続視聴する気が起きにくいものです。

映画とかもネタバレされると見る気が失せることありますよね。それと似たような現象です。

 

③本田翼の演技が下手


視聴者からかなり批判を食らっているのが「本田翼さんの演技が下手なこと」なんです。

僕はあまり演技の上手い下手って分からないんですが、気になる人は気になると思います。

作品を楽しむにあたって、作品の世界にどれだけ入り込むことができるのかって非常に重要

演技が下手だと、登場人物が作中の世界で生きていない感じがしてしまい「これってドラマだよなあ」と一歩引いた視点に戻される感じがしますよね。

アニメとかでも壊滅的に下手くそな人が声をあてていると、すごい違和感がありますよね。

例えば名探偵コナン『11人目のストライカー』でプロのサッカー選手達が声をあてているんですが、棒読みすぎると当時話題になっていました(笑)

そんな感じで一気に作品の中の世界から引戻される要素があると、作品そのものをつまらなく感じてしまうこともあります。

Sponsored Link

ラジエーションハウスをつまらないとする意見

テンポが…。正直、私はクライマックスにたどり着く前に見疲れてしまった。勿体ないな、初回延長が単なる間延びになったのは本当に勿体ない。(ここ最近の良作だと延長回は盛り上がりをふた山作りますし)

ラジエーションハウス、テンポが悪くてイライラするざます。

本田翼の演技よりもテンポの悪さとHEROっぽい演出が致命的に医療ドラマに合ってないことの方が個人的には気になった。原作は人気らしい?から脚本と演出に問題があるんでしょうな。要約するとつまらない。

このドラマあかーーーーん! おもしろくない! テンポ悪い! 滑舌悪い! なんだこりゃーーーーっ! パロディかあー?笑

ラジエーションハウス観たけど
テンポ悪いし演出もHERO感満載だしだし脚本もなんかビミョー…
よくあれで視聴率12%もいくな…

つまらないと感じる人の多くが、テンポが悪いと感じているようですね。

原作の第一話を一時間かけて放送しているというのもあり、尺稼いでるよね~という感じでしょうか。

 

まとめ

「ラジエーションハウスがつまらないな~。」と思う理由って他にもあるかと思いますが、みなさんは3つの理由のどれかに当てはまりましたか?

そもそも医療ドラマが合う合わないってのもあると思います。そういった細かい部分を上げていったらキリがないんですが。

まあまだ1話なので、これから面白くなることに期待ですね。

Sponsored Link