ルパンVS複製人間の赤い車は実在するミニクーパー?価格は高額?

4月19日の金曜ロードショーで「ルパンVS複製人間」が放送されますが、ここに登場する赤い車は一体何なんでしょうか?

ミニ・クーパーっぽいな。と思う方は多いと思いますが、その通り!この車はミニ・クーパーなんですが…

ミニ・クーパーってかなりややこしい部分で、クルマ好きでもちゃんと理解していない人は多いんです。

ということで、ルパンVS複製人間の劇中のミニクーパーについて深掘りしていきたいと思います!

Sponsored Link

赤い車はオースチン・ミニ・クーパー?

①オースチン・ミニ・クーパーってどんな車?

オースチンクーパー

原作:モンキー・パンチ ⓒTMS

ルパン・不二子・次元が乗り込んでいるこの車は、『オースチン・ミニ・クーパー』です。なぜなら上の画像で『AUSTIN COOPER』というエンブレムが貼ってあるからですね(笑)

元々はオースチン・セブンという名前で1959年に発売されたのですが、名前をもっと親しみやすいようにしようということで、ミニと名前を変えました。『モーリス』というブランドから発売された同型の車種と名前を統一しただけなんですけどね。

そしてこのミニ・クーパーが発売されたのは1961年。かなり古い車です。

オースチンクーパー

原作:モンキー・パンチ ⓒTMS

軽自動車並に小さい上に2ドアなので、4人乗るとなるとかなりキツイです。しかも前列に大人が3人も乗っていますから相当車内は狭いはず(笑)

一応このミニ・クーパーは4人乗りであり、後部座席もついています。

 

②オースチン・ミニ・クーパーの詳細

オースチンクーパー

原作:モンキー・パンチ ⓒTMS

こっちの画像ではちゃんと後部座席も使っていますね(笑)ちなみに軽自動車よりも馬力は低いので、今の基準からするとあまりパワーはありません。

ミニにはMk-1、Mk-2、Mk-3とそれぞれ製造された世代ごとに区分訳がなされています。グリルの形で見分けがつくのですが、ルパンの車はカマボコ型であることからMk-1であることが推測されます。

Mk-1:1959年~1967年

Mk-2:1967年~1969年

Mk-3:1969年~

という感じで区分訳がなされています。これ以上はかなりマニアックな領域に突入するので、さらに詳しいことが知りたい方は検索してみてください。

 

オースチン・クーパーの価格は高額?

モーリス ミニ マイナー

※画像はモーリス・ミニ・マイナー

オースチン・ミニ・クーパーを今買おうと思ったらいくらくらいするんでしょうか?ということで中古車市場を調べてみました!

が、当時の車体はあまりにも球数が少なく市場価格ははっきりとは分かりません。状態にもよりますが、200万~500万程度でたまに流通するようです。

この世代の車を買って維持するのは愛が必要ですが、未だに愛好家が多い車です。ちょっといいな~と思ったら、試しに現物を見たりしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

クーパーってミニじゃないの?

オースチン

『ミニ』『オースチン』『クーパー』などなど色んな専門用語が飛び交うので、そのへんを一旦整理しましょう。

まず、『ミニ』というのは車の名前であり、オースチンはブランドのことです。そしてクーパーとはミニの中のスポーツモデルを指しています。

オースチンから発売されたミニという車の、クーパーというグレードということですね。

元々ミニと呼ばれる車はイギリスの『オースチン』と『モーリス』というブランドから発売されていました。「なんで2つもメーカーがあるんや」となるんですが、オースチンとモーリスは共に『BMC』という会社のブランドなので、同じ会社の別ブランドで発売されていたというだけです。

しかしながら1990年代にオースチンのミニというブランドはドイツのBMWに売り渡されることになりました。なので今ではBMWが『ミニ』というブランドを扱っているんですね。

ミニは歴史がありますから、ドイツがその歴史に価値を感じてこれからも販売をしていけると見込んだのでしょう。

 

ちなみに『オースチン・クーパーS』というミニの名を冠さないモデルがありますが、クーパーSの場合はエンブレムの上に『S』の文字が貼り付けられています。

 

まとめ

ルパン三世に出てくる赤い車は『オースチン』というブランドの『ミニ・クーパー』という車でした。

1960年台の車ですが、未だに愛され続けるベストセラーな車です。

みなさんはこの車、かわいいと思いますか?僕は結構好きです。それでは!

Sponsored Link