飯塚幸三はどこにいるのか?病院にいると逮捕されず容疑者にならない?

池袋にて交通事故を起こした飯塚幸三(87)は死亡事故を起こしたにも関わらず逮捕されていません。

上級国民だからなのか・・・とも言われ始めており、その通りだと法の概念を覆す神のような存在になってしまいます。

逮捕されていない以上、飯塚幸三は一体どこに隠れているのでしょうか!?

居場所を含めてなぜ逮捕されていないのか、という点にも注目していきます。

Sponsored Link

飯塚幸三は自宅にはいない?


自宅の住所もある程度特定されていますが、自宅の電話の解除を行ったり目撃情報がないことから、自宅にいる可能性は低いと見られています。

 

飯塚幸三は病院にいるのか?

病院の一室

飯塚元院長は胸に軽傷を負い、同乗していた80歳代の妻も足を負傷し、2人とも入院した。

引用:読売新聞オンライン

飯塚幸三は軽傷を負い、病院に入院していると新聞にて報じられています

「どこかに隠れているのでは?」と推測もされていますが、事故現場の車を見るとかなり損傷をしているため入院していても不思議ではありません。

軽傷とは言え事故後に息子に電話をしていたりしているため、大きな怪我ではないと見られています。

しかし、この病院にいるということは

 

飯塚幸三は病院にいるから逮捕されない?

逮捕

①ピンチに入院は常套手段

2018年に世間を騒がせたボクシング連盟の会長「山根明」氏も、都合が悪くなった際に緊急入院をしました。

入院していれば報道陣もなんとかなる、ということで一次避難先として使われる常套手段です。ドラマでもありますよね。

飯塚幸三はその常套手段に乗っかったたのかもしれません。

事故で怪我を負っているため入院していても不思議ではありませんが、今後の動き方を考えるためにも入院を伸ばしている可能性はあります。

 

②逮捕されないのは入院のせい?

飯塚幸三は輝かしい功績を持っており、大企業の重要な役職に就いたり通常の人間であれば貰えないような「勲章」を貰っていたりと、経歴はかなり凄いです。

そのため「飯塚幸三は上級国民だから逮捕されないのではないか?」とも言われています。

それに拍車を懸けたのは、「逮捕しないのは証拠隠滅の恐れがないから。」という理由を報道した新聞記事ですね。

証拠隠滅しなければ逮捕しなくてもいいのか!?というカオス理論に発展しかねない表現が、物議を醸しています。

流石に「上級国民だから」という理由で逮捕できないのは、流石にぶっ飛んでいるのではないかと思います。

恐らく入院しているため逮捕に踏み切りにくいという、通説があてはまるのではないでしょうか。

ただし、入院中は逮捕できないという規則はなく警察側の判断に委ねられます

Sponsored Link

飯塚幸三が逮捕されないのは不思議ではない?

罪を犯したと疑われる被疑者を逮捕することは、刑事事件においてある意味象徴的なものですが、実は逮捕されることなく手続きが進むことも多く、その後の処分や起訴、裁判といった流れは、逮捕されるかどうかが問題ではなく、被疑者がどこにいようと同じように進められるのです。

引用:刑事事件 弁護士相談広場

刑事事件の被疑者を逮捕する際には、現行犯逮捕などの場合を除き、裁判所が発行する逮捕状が必要となり、警察などの捜査機関は申請の理由として、「被疑者には逃亡のおそれがある」、「被疑者が証拠隠滅する可能性がある」ということを挙げます。

引用:刑事事件 弁護士相談広場

引用先のWebサイトをまとめると、

  • 逮捕されずに手続きが進むことは多い
  • 現行犯でなければ逮捕状が必要

ということですね。なので読売新聞が報じた「証拠隠滅の可能性がない」という判断の基で逮捕されないということは珍しいことではないのかもしれません。

病院に搬送されたことで現行犯逮捕を免れたことで、逮捕されずに手続きが進んでいる可能性が高そう。搬送先の病院には警官が見張っているとみて間違いないでしょう。

神戸で起きたバスの事件の運転手が即刻逮捕されたことで、当事件と比較されることが多いので、飯塚幸三が逮捕されなかったことが目立つ格好となっています。

 

飯塚幸三の居場所のまとめ

  • 病院に搬送されている
  • 現行犯でないため逮捕はせずに手続きを進めている?
  • 入院中は逮捕されないケースが有る

退院後に逮捕されれば納得は行くでしょうが、2人が亡くなっているため逮捕されずに事が進めば国民の感情を刺激することになるでしょう。

皆さんはどう思いますか?それでは。

Sponsored Link