サバンナ八木の母は幼稚園の園長だった?キャリアと人望がヤバイ?

サバンナの八木さんの母は実はかなりすごい人!

八木定子さんという方で、幼稚園の先生として長年キャリアを積まれています

しかもただ幼稚園の先生を全うしただけでなく、その評価は非常に高いようで只者ではない様子。

今回はサバンナの八木さんの母「八木定子さん」について迫ります!

Sponsored Link

サバンナ八木の母は幼稚園の先生だった?

サバンナ八木さんの母(八木定子さん)はかつて幼稚園の先生だったようです。

おまけに幼稚園の生徒にはなんとあの「さんまさん」も通われていたそうです。

40年間奈良市の公立幼稚園で先生として勤め上げ、まさに幼稚園の先生の申し子とも言える方ですね。

 

①サバンナ八木さんの母「定子さん」はどんな先生だった?

務園数は10、その内の半分は園長としてお仕事をされ、彼女が園長を勤めているというだけで転勤を希望されるほど人望があったようです。

八木定子さんは高校を卒業後すぐに幼稚園で働かれていました。大卒の先生もそこそこいたようで、負けないようにとにかく「努力努力努力」で力をつけて仕事に励んでいました。

そのハングリー精神が、八木定子さんを形作っているようですね。

 

②園の雰囲気を察知するのは業者の人という持論

ここからは八木定子さんの幼稚園に対する持論の項目となります。

園に出入りする業者の方はすぐに園の雰囲気を見破るというのが、八木定子さんの考え方です。

 

園長の仕事は職場の先生たちに気持ちよく働いてくれることだと述べています。

職場の先生が気持ちよく働く⇒子供が喜ぶ⇒親も喜ぶ⇒園の評判が上がる

というかなり論理的思考の持ち主で、リーダーとしての資質が抜群ですね。言葉で言うのは簡単でも、先生たちに気持ちよく働いてもらう環境を整備するのは難しいことです。

それを実現できたからこそ、リーダーとして慕われ評判も高いということでしょう。

現場で仕事を回す以上、先生たちにしわ寄せが行きがちになることもあるでしょうから、マネジメント能力に長けている方のようです。

 

サバンナ八木の母は現在何をしているの?

サバンナ八木さんの母である八木定子さんは、2019年現在「NPO法人 てぃあら」でお仕事をされているようです。

NPO法人ティアラとは、病気や障害を抱える子供やその母、地域社会などに貢献をすることをモットーに社会生活を支援するような活動を行っています。

具体的には、

  • 在宅保育
  • サークル活動
  • 講演会・セミナー事業

などなど、多岐に渡っています。

Sponsored Link

サバンナ八木の母「八木定子さん」の小ネタ

実は八木定子さんは堀内孝雄さんのファン!?らしいです。

堀内孝雄さんは歌手であり、「君のひとみは10000ボルト」というシングルでデビュー。若い方も歌の名前は聞いたことがあるんじゃないかと思います。

その他には「はぐれ刑事純情派」の主題歌を長年歌われていたりと、年配の方にとってのスター的存在。

 

まとめ:サバンナの八木の母

  • 40年間幼稚園の先生として勤め上げた
  • 高卒という反骨心で努力を重ねた
  • 堀内孝雄のファン!?

八木定子さんは只者ではありませんでした。

長年園長として、リーダーとして勤め上げたことで鍛えられた精神や考え方は見習いたいですね!

それでは!

Sponsored Link