上原浩治の兄『隆明』の職業は社長?名字が北川なのは結婚したから?

元プロ野球選手であり、メジャーリーグでも活躍された上原浩治さんの兄『隆明』さんは現在なんと社長をされています。

しかし、名字は上原ではなく『北川』となっており…なぜなのでしょうか。

ということで今回は、上原浩治さんの兄である北川隆明さんについて深掘りしていきたいと思います!

Sponsored Link

上原浩治の兄は中学で野球を辞めた

上原浩治

上原浩治さんはメジャーリーグでも主にリリーフとして活躍された、一流のプロ野球選手です。

日本にいた頃は先発として登板していましたが、メジャーリーガー時代は主にリリーフとしての登板でした。

これが功を奏したのか、安定した成績を収めて一流のメジャーリーガーの仲間入りをしたのです。

 

そんな上原浩治さんには隆明さんという2つ年上の兄がいます。

上原浩治さんは兄に対して

  • 憧れの存在
  • 全く敵う相手ではなかった

と語っています。

一流のメジャーリーガーが叶わなかったと語る兄の存在。

 

しかしながら兄の隆明さんは中学生を最後に野球を辞めてしまいます

その理由はスポーツマンにつきもののケガだったそうです。

たらればの話は厳禁かもしれませんが、もしケガがなければ、とも思ってしまいますね。

 

上原浩治の兄『隆明』の職業は社長?

北川隆明

上原浩治さんの兄である隆明さんは、『北川ヒューテック株式会社』というゼネコン(建設会社)の代表取締役社長をされています。

野球関連のお仕事をされているわけではなく、しかも代表取締役社長という肩書きがついているとは驚きですよね!

北川ヒューテックはWikipediaにも載るほどの企業であり、300人以上もの従業員を抱えている大きな会社です。

 

ここで気になるのは隆明さんの名字が『北川』である点です。

なぜ名字が上原ではないのでしょうか。

 

上原浩治の兄『隆明』の名字が北川である理由は?

北川隆明

隆明さんは1999年に北川ヒューテック株式会社に入社をされました。

その翌年に元会長の娘(三女)である北川晴子さんと結婚をされたんです。

そこで婿入りをしたので、名字が上原から北川になったのだと思われます。

 

社長令嬢と結婚して、その後は代表取締役社長という地位に上り詰めるのは、凡人ではなかなか真似できない人生ですね。

僕は白い巨塔の財前五郎をふと思い出してしまいました。

Sponsored Link

上原浩治の兄の年収は?

下世話な話にはなりますが、雇われ社長の場合であれば、企業規模から考えるに3000万~5000万前後と考えるのが妥当でしょう。

しかしながら企業名に『北川』と銘打っているため、雇われ社長ではないと考えるのが筋。

となると年収を一般的な相場感で語っても意味がありません。

個人の小さな企業でも年収1億社長なんてのもいますから、こればっかりはわからないのです。

ということで上原浩治さんの兄である隆明さんの年収は予測不可能と結論づけます。

 

まとめ:上原浩治の兄『隆明』

  • 隆明さんは北川ヒューテック㈱の代表取締役社長
  • 名字が変わったのは婿入したから?

弟はメジャーリーガーで兄は大きな会社の社長。

すごい兄弟ですね。漫画に出てきそうな感じですが、兄である隆明さんは2019年5月19日に放送される『消えた天才』にてテレビ出演されます。

Sponsored Link