天気の子の最後のシーンはどうなる?ラストまでのあらすじも考察!

一大ムーブメントを巻き起こした『君の名は。』を世に送り出した新海誠監督。

最新作である『天気の子』が2019年7月19日から上映予定です。

そこで気になるのが天気の子の最後のシーンがどうなるのか!ということ。

なので、『天気の子』のラストシーンとそれまでのあらすじについて考察してみました。

 

Sponsored Link

新海誠作品に抱くイメージはどうですか?

秒速5センチメートル

古いファンにとっては、「見終わった後に何とも言えない寂寥感を抱く作風」と感じる人が多いかと思います。

初期の作品で最も有名なのが『秒速5センチメートル』ですよね。見終わった後の言葉で言い表せない虚無感のようなものが伝わってくるかと思います。

主題歌の『One more time, One more chance』もいい味を出して、ビターすぎるビターエンドを引き立たせています。

 

君の名は。

ただ、多くの人にとっては『君の名は。』のイメージが強いんではないでしょうか。

綺麗な映像と見た後の開放感のような、ふっと笑みがこぼれてしまうような余韻。割と爽やかな気持ちになれる作品かなと思います。

これまでの新海作品の中でもコンセプトは保ちつつも、エンタメ寄りで大衆受けをする作品とも言えるでしょう。RADWIMPSの楽曲も明るいイメージに大きく貢献しているでしょう。

 

ちなみに、僕は未だに前者のイメージが強いですね。『君の名は。』を初めてみた時も、

ああ、最後は2人がお互いに気付かないまま終わるんだろうな・・・

と思っていましたから。良くも悪くもその予想は外れました(笑)

 

天気の子の主人公とヒロイン

①天野陽菜

天気の子の天野陽菜

『天気の子』のヒロインである天野陽菜。

なんと祈るだけで天気を晴れに出来るというトンデモ能力の持ち主。物語に深く絡んでくる能力なのは間違いないですね。

また、ビルの屋上の鳥居が鍵となりそう。

 

②森嶋帆高

天気の子の森嶋帆高

高校生ながら家出して上京した森嶋帆高。

ヒロインと違い特殊能力はありません。無力だけど頑張って何かを起こす感じは漂っています。

 

天気の子のあらすじを考察

天気の子

起:陽菜と帆高が出会う

承:陽菜の能力を使いながらも2人は仲を深める

転:能力のせいで色々とやばいことになる

結:2人でなんとかする

 

あまりにもざっくりですが、大枠としてはこんな感じになるのかなと思います。

PVでも「あの日、私達は世界の形を決定的に変えてしまったんだ。」と言っているので、世界がヤバイことになることは間違いなさそうです。

それは大勢が認知する形で現れるのか、それとも2人だけが知ることになる形で現れるのかは分かりませんが。

Sponsored Link

天気の子はラストシーンを考察


新海誠監督自身が「天気の子はドエンタメ映画です。」と言っている以上、天気の子はエンタメ寄りの作品になることは間違いないかと思います。

秒速のように虚無感が襲ってくるような作品にはならないのかなと。

ということで物悲しい悲恋物の作品にはならないかと思います。

もしくはその場だけを切り取れば物悲しい終わりになるものの、希望が見える未来を提示するようなラストシーンになる可能性もありますよね。

希望が見えるラストシーンであれば、多少悲しい終わり方でも明るい気持ちで作品を見ることができるでしょうから。

 

他の新海作品で例えるなら、『ほしのこえ』や『秒速5センチメートル』みたいな終わり方はせずに、『言の葉の庭』のようなラストシーンになる気がします。

 

まとめ:天気の子の最後の(ラスト)シーンを考察

個人的には2004年に公開された『雲のむこう、約束の場所』を彷彿とさせる雰囲気の作品というのが第一印象でした。

あれはエンタメ寄りではないかと思うので、『天気の子』はもっと明るい作品になるかと思いますが。

『天気の子』はなんやかんやでハッピーエンドになるかと思っていますが、みなさんはどう思いますか?

それでは!

Sponsored Link