天気の子の主題歌『愛にできることはまだあるかい』の歌詞の意味を考察!

新海誠監督の最新映画『天気の子』が2019年7月19日に公開されした。

主題歌はRADWIMPSが歌う『愛にできることはまだあるかい』ですね。他にも何曲かありますが。

ということで、今回は『天気の子』の主題歌『愛にできることはまだあるかい』について徹底考察していこうと思います!

天気の子について盛大なネタバレを含んでいるので要注意

Sponsored Link

【天気の子】『愛にできることはまだあるかい』は帆高視点

『愛にできることはまだあるかい』は帆高視点の歌ですよね。

抽象的に言えば、何も持っていないけど愛だけはある人間が全力でもがく気持ちを歌った歌なのかなと。

愛の力は凄い。

ちなみにここで解説するのはmovie.verです。

帆高が線路を走って、廃ビルを目指すシーンで流れたものです。

 

【天気の子】『愛にできることはまだあるかい』の歌詞の意味

何も持たない帆高

何も持たずに生まれ落ちた僕
永遠の隙間でのたうち回ってる
諦めたものと賢いものだけが
勝者の時代に何処で息を吸う

「何も持たずに生まれ落ちた僕」とは帆高のことですね。

天気を晴れにできてしまうという異能の力をもったヒロイン陽菜とは対象的に、帆高は特別な力を何も持っていません。

クソ度胸と恋の力と尋常ではない行動力を持っていましたが。

「永遠の隙間でのたうち回ってる」とは、特別な力を持っていないがゆえのもどかしさを表しているのでしょうか。

 

「諦めたもの~」は、理想を追わずに折り合いをつけたりする大人たちは、どうやって生きていくのか

折り合いをつけることができない帆高からすれば、妥協や諦めというものは理解できないということか。

大人たちというのは須賀を含めた主人公たち以外の人間のことでしょう。

 

他人のことを気にする程心の余裕はない

支配者も神も何処か他人顔
だけど本当は分かってるはず
運命とはつまり サイコロの出た目?
はたまた神の いつもの気まぐれ

陽菜が犠牲になって東京に晴れ空が戻ってきたことを知っているのは、帆高と凪だけ。

だから陽菜が犠牲になっても、他人顔どころか知る由も無い。

ただ、もしも事実を知ってもきっと他人顔なのでしょう。

須賀も「人1人の命で天気が戻ればそっちのほうが良い」という旨の発言をしていましたよね。

 

「運命とは~きまぐれ」とは、未来なんて誰にも分からないということですね。

神だって未来がどうなるかなんて分からない、もしくは決めていないと。

だから帆高の愛が陽菜を救い出したのかもしれませんね。

 

周りが何と言っても陽菜が1番なんだ

勇気や希望や絆とかの魔法
使い道もなく大人は目を背ける
それでもあの日の君が今もまだ
僕の全正義のど真ん中にいる

「勇気や~背ける」というのは、魔法染みたことを大人たちは信じない。目を背けてしまうという帆高からの問いかけ。

大人になれば魔法染みたもの、なかなか信じられないですよね。

リアリストになってしまうというか、色々なことを知りすぎてしまうというか。

 

「それでも~ど真ん中にいる」というのは、帆高にとっての正義は陽菜なんだという強い決意

劇中でも「陽菜に会いたい!」という意思の力だけで、何でもやってのけましたよね。

 

世界を敵に回しても君を守る

世界が背中を 向けてもまだなお
立ち向かう君が 今もここにいる

ここは第三者の視点の可能性がありますね。

世界というのは大人たちのことか。

陽菜を救いたいという帆高にとって、警察すなわち世間の常識は邪魔でしかありません。

その世間を敵に回してでも、立ち向かう君(帆高)が確かにここにいるという意味でしょう。

凪や夏美も立ち向かっていましたけどね。

 

愛にできることはまだあるかい

愛にできることはまだあるかい
僕にできることはまだあるかい

陽菜を取り戻すために何かできることはあるか。

十分すぎるほどやり遂げたと思うよ。帆高は。

 

陽菜のためにという帆高の決意

君がくれた勇気だから
君のために使いたいんだ
愛にできることはまだあるかい

世間を敵に回す勇気は陽菜がくれたもの。陽菜がいなくては立ち向かう勇気を持てなかった。

島からも逃げてきた帆高が最初に立ち向かったのは、連れ去られそうになる陽菜を助け出したシーン。

クライマックスでも陽菜のために全てを懸けてもがく帆高。

君のために使いたい」とありますが、陽菜のため以外ではきっと発揮できないものかもしれません。

これが愛(というか恋)。

 

最後に:【天気の子】『愛にできることはまだあるかい』の歌詞の意味

『大丈夫』のほうがド直球かな~なんて思ってます。

ちなみに、天気の子の最後のシーンは『大丈夫』からヒントを得て作成したものだそうです。

Sponsored Link