【2019年】G20大阪には誰が来るの?参加国と首脳陣のまとめ!

6月28日(金)・29日(土)にG20大阪が開催されますが…

一体誰が来るのかよく分かりませんよね。「トランプは来るでしょ!」程度の認識かと思います。

ということで、G20大阪の参加国と誰が来るのかをざっくり纏めてみました。

Sponsored Link

G20大阪の参加国と地域

  • アルゼンチン
  • オーストラリア
  • ブラジル
  • カナダ
  • 中国
  • フランス
  • ドイツ
  • インド
  • インドネシア
  • イタリア
  • 日本
  • メキシコ
  • 韓国
  • 南アフリカ共和国
  • ロシア
  • サウジアラビア
  • トルコ
  • イギリス
  • アメリカ
  • EU

EUが入っているから、20の国と地域という表現をしているんですね。

 

G20大阪には誰が来るのか?

絶対にこの人が来る!と断言はできませんが、各国の首脳をそれぞれご紹介していきます!

①アルゼンチン

マウリシオ・マクリ

アルゼンチンの大統領は『マウリシオ・マクリ』。

元々は実業家であり、企業アナリストとして働いていました。

ちなみに2回離婚しており、現在の妻は3人目。

 

②オーストラリア

スコットモリソン

オーストラリアの首相『スコット・モリソン』。

2018年から首相を務めているのですが、実は子供の頃に俳優としてCMなどに出演した経験があります。

 

③ブラジル

ジャイール・ボルソナーロ

 

ブラジルの大統領『ジャイール・ボルソナーロ』。

ブラジルのトランプと呼ばれており、過激な発言をすることで有名。

同性愛者が嫌いでレイシスト気質が強く、過去に逮捕歴があり。

 

④カナダ

ジャスティン・トルドー

カナダの大統領は『ジャスティン・トルドー』。

性的マイノリティに理解があり、フェミニストを自称。

難民の受け入れに積極的だったが、治安上の問題で支持率が下がったこともあります。

 

⑤中国

習近平

中華人民共和国の最高指導者である『習近平』。

香港のデモや関税問題で頭を悩ませている最中でのG20の参加となります。

趣味はサッカーと囲碁。

 

⑥フランス

エマニュエル・マクロン

フランスの大統領は『エマニュエル・マクロン』。

税の引き上げによるマクロン退陣を訴える激しいデモが起きたことは記憶に新しいですね。

暴動レベルのデモにより、税の引き上げは断念されました。

フランスにも首相はいますが、外交は主に大統領が担うのでマクロン氏が来日するでしょう。

 

⑦ドイツ

メルケル

ドイツの首相『アンゲラ・メルケル』。

ドイツ初の女性首相であり、元物理学者。

闇の金が絡んだ高級車を見せしめに破壊するなど、かなり豪快な人。

 

⑧インド

ラーム・ナート・コーヴィンド

インドの大統領『ラーム・ナート・コーヴィンド』。

最下層カーストから大統領にまで上り詰めた苦労の人。

しかし、G20に来るのは恐らくこの人ではなく…

 

ナレンドラ・モディ

首相である『ナレンドラ・モディ』。

インドはトイレがない家が多く、多額の資金を投入してトイレを新設する『きれいなインド』キャンペーンを行っているとか。

家にトイレが無いってかなり大変ですよね。

 

⑨インドネシア

ジョコ・ウィドド

インドネシアの大統領『ジョコ・ウィドド』。

ノバク・ジョコビッチを彷彿とさせるファーストネーム。

趣味はヘヴィメタル鑑賞とかなりロックな人であり、人知れずヘドバンしているのかも…

Sponsored Link

⑩イタリア

ジュゼッペ・コンテ

イタリアの首相『ジュゼッペ・コンテ』。

イタリアの大統領の権力は限定的なので、G20には首相が来日するでしょう。

各国首脳人の中でもかなりの男前。

 

⑪日本

安倍晋三

日本の首相『安倍晋三』。

じゃなくて安

漢字を書き間違えてテストで×にされる高校生が大勢いるとか。

 

⑫メキシコ

アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール

メキシコの大統領『アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール』。

名前が長く一体なんて呼べば良いのかよく分からない。

愛車はフォルクスワーゲンのジェッタという大衆車。

 

⑬韓国

ムン・ジェイン

韓国の大統領『文在寅(ムン・ジェイン)』。

北朝鮮との融和政策を積極的に進めており、この人が大統領になってから日韓関係は余計に険悪になりました。

実は元弁護士。

 

⑭南アフリカ共和国

シリル・ラマポーザ

南アフリカ共和国の大統領『シリル・ラマポーザ』。

元大統領のネルソン・マンデラ氏の右腕として活躍し、南アフリカ共和国の主権を白人から取り戻した功労者。

 

⑮ロシア

ウラジミール・プーチン

おそロシアの象徴でもある『ウラジミール・プーチン』。

敵に回すと何をされるかわからないというイメージがあります。

武術の達人であり、元KGBという凄い経歴。個人の戦闘力がとても高い。

 

⑯サウジアラビア

サルマン

サウジアラビアの国王『サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード』。

通称サルマン。石油王というか、正真正銘の王。

初代国王の25番目の男子とのことですが、一体兄弟は何人いるんだ…

 

⑰トルコ

エルドアン

トルコの大統領『レジェップ・タイイップ・エルドアン』。

基本的にはエルドアン大統領と呼ばれています。

かつては先進的な民主国家を理想としていたが、いつの間にかネット規制をゴリゴリ進め始めました。

 

⑱イギリス

メイ首相

イギリスの首相『テリーザ・メイ』。

エリザベス女王はG20では来日しませんよ。

12歳の時から政治家を目指していたバリバリの人物。サッチャーに影響を受けたのかもしれませんね。

 

⑲アメリカ

ドナルド・トランプ

皆さんご存知の通り、アメリカの大統領『ドナルド・トランプ』。

やりたい放題で有名な困ったちゃんでもありますが、トランプを大統領に選んだのはアメリカ国民です。

参考:【G20大阪】トランプを乗せるエアフォースが着陸する空港はどこ?

 

⑳EU

アントニオ・タイヤーニ

EUの欧州議会議長である『アントニオ・タイヤーニ』。

もしかしたら別の人が来るかも?

英語・イタリア語・フランス語・スペイン語を操るスーパーマン。

 

まとめ:G20で誰が来るのか?

他にも招待国などがあるのですが、G20の主要な国の地域はざっと紹介したとおりです。

もちろん皆さん1人で来るわけではないので、大勢の側近や警護もやってくるんですね。

そのため、スイートルームがたくさんある大阪がG20の会場として選ばれたとか。

こうして纏めてみると、大統領と首相の権力が国によって違ったりして面白いです。

それでは!

Sponsored Link