飯森裕次郎はどこで銃を撃ったのか?発砲した理由は何か考察

大阪府吹田市で警察官から銃を奪い逃走していた飯森裕次郎(いいもり ゆうじろう)容疑者が逮捕されました。

警察官から銃を奪い逃走していたのですが、5発あった弾丸のうち4発しかなかったことで、1発はどこかで発砲されたと思われます。

飯森裕次郎容疑者はどこで銃を撃ったのか?そしてなぜ銃を撃ったのか?

そもそもなぜ犯行に及んだのかというところから見ていき、考察していきます。

Sponsored Link

飯森裕次郎(いいもり ゆうじろう)はなぜ銃を奪ったのか?

飯森裕次郎容疑者は、そもそもなぜ銃を奪ったのでしょうか

本人の発言は支離滅裂なのでほとんどあてになりません。

しかしながら、警察官の呼び出し方に関してはかなり計画的な犯行であったことが分かります。

 

飯森裕次郎は、交番の近くの駅から『窃盗被害』があると言い警察官を呼び出しました。

重大事件だと大勢がかけつけるため、規模の小さい被害を訴えたわけですね。

当時は3人の警察官が勤務していた交番から、刺された古瀬巡査の上司2名が出動。

古瀬巡査が1人になったところを襲撃し、銃を奪い逃走しました。

警察官を1人にした手口を考えると、行き当たりばったりではなく計画的犯行であったと考えられます。

 

しかしながら、交番前の防犯カメラに何度も映ったり、血がつたままイオンに買い物に行ったりと、銃を奪った後の計画性は0。

最初の最初だけが計画的なだけでした。

つまり襲撃して銃を奪った段階で、本人の目的はすでに達成されていたと考えるのが合理的ではないでしょうか。

 

では警察官を襲撃した目的は一体何だったのでしょうか?大きく2つ考えることが出来ると考えます。

 

①銃を奪うことが目的

銃を持っている人間は警察官くらいしかいません。

そのため、銃を手に入れるのであれば必然的に警察官を襲撃する必要があります

飯森裕次郎は元自衛官なので、肉弾戦には強く一対一の格闘なら相手をねじ伏せる自信があったのでしょう。

また、銃を奪った後に1発発砲しており、そのために襲撃をしたのかもしれません。

元自衛官ということで、かつて銃を撃った感触をもう一度感じたかったということも考えられます。

 

②警察官を襲撃することが目的

警察官を襲撃することが目的で、銃を奪ったのはあくまでも副次的な理由

単に目についたから護身用として奪っていった可能性があります。

日頃たまりこんだ何かを発散するための襲撃かもしれません。

  • 警察に恨みがある
  • 国家権力に対する恨み

など、考えれば色々とありますが、一般人ではなく警察官を襲撃したのには何かしらの理由があると言えるでしょう。

 

また、飯森裕次郎容疑者の境遇を考えると、本人の自己肯定感は非常に低いと推測されます。

そのため「警察官を倒せる俺は強いんだ」ということを証明するための犯行であったとも考えられます。

 

飯森裕次郎(いいもり ゆうじろう)はどこで銃を撃ったのか?

飯森裕次郎容疑者がどこで銃を撃ったのかは判明していません。

ただし、目撃情報等もないことから発見された山中で発砲したと考えられます

街中で撃てば目立つ上に大きな音を多くの人が聞いてしまいます。

では、一体何のために誰もいないような場所で発砲することになったのでしょうか。

Sponsored Link

飯森裕次郎(いいもり ゆうじろう)が発砲した理由は何?

何かを撃つためではなく、ただ引き金を引くという行為が目的だったのではないでしょうか。

もしくは、もう後戻りできない事態を考えて、感情を発散させるために発砲したとも考えられます。

  • 警察官を襲撃するまでは計画的であった
  • 逃走後の計画はずさん

という事実を考えると、その後逮捕されずに逃走することを真面目に考えてはいなかったと推測されます。

そのため、自殺を考えていたものの怖くて結局はできなかったという説も浮上してきます。

 

まとめ:飯森裕次郎(いいもり ゆうじろう)はどこで銃を撃ったのか?

警察官を襲撃した時点で、飯森裕次郎の犯行の目的は概ね達成されていたのではないでしょうか。

本人は精神障害を抱えており、犯行動機も支離滅裂。

ただ誰かを襲撃したかったのであれば、わざわざ難易度の高い警察官ではなく一般人を襲撃すれば良かったのですから、何かの理由があり警察官を襲撃し、発砲に至ったと考えるのが自然です。

銃を奪ったことに目が行きがちですが、本来の目的はそこではない可能性もありますよね。

みなさんはどう思いますか?それでは。

Sponsored Link