小田玄紀社長のプロフィール!出身大学や高校時代など経歴のまとめ!

ビットポイントジャパンの社長である小田玄紀(おだ げんき)社長のプロフィールについて情報をお届けいたします。

出身大学や高校、これまでに手がけてきた事業などについての経歴など、お伝えいたします。

また、小田玄紀社長が代表取締役を務めるビットポイントジャパンについても少しご紹介します。

Sponsored Link

小田玄紀社長のプロフィール

小田玄紀社長の生年月日

小田玄紀社長は1980年生まれ。

そのため、2019年には39歳を迎えます

詳細の日付等は不明です。

 

小田玄紀社長の出身地

小田玄紀社長は東京都世田谷区の出身であり、現在も世田谷区在住とのこと。

実家住まいなのかは不明です。

 

小田玄紀社長の出身大学

出身大学は東京大学の法学部

日本トップレベルの頭脳の持ち主ですね。

しかしながら小田玄紀社長は、高校の頃からかなりすごかったんです!

 

小田玄紀の経歴!高校時代からすごかった!?


小田玄紀社長が高校生の時の話です。

アメリカのワシントンで開催された『the Future World Leader’s Summit』に、日本代表として参加

これは何かと言うと、世界各国の意識が高い学生が集うサミットです。

リーダー教育を受けたり、当時は分かりませんが現在ではそこで共同生活を行うこともあるようです。

そして東大在学中にはNGO団体を立ち上げ同事務局長として、多くの人と交流を持ち人脈を築き上げていきます。


2001年には有限会社ソーシャルベンチャーキャピタルアソシエーションを設立

今流行りのマーケティングと起業家支援事業をメインとしていたようです。

今流行りと行っても、小田玄紀さんが設立したのは2001年のこと。先見の明というやつですね。

その後も様々な会社を設立したり、他会社の取締役にも就任したりと、様々なフィールドで活躍。

 

今だとこういうスーパー高校生はいそうだな、という風潮がありますが当時は1980年代

時代性を考えるとかなり先を行っていたんですね。

 

あと、経歴を見た感じですが暗号資産に特化したプロフェッショナル!!!

という感じではなく、暗号資産が伸びているからやってみるか、という感じで事業に着手したものと思われます

Sponsored Link

ビットポイントジャパンってどんな会社?

ビットポイントジャパン

ビットポイントジャパンは暗号資産の取引所です。

GMOだとか、ビットフライヤーとか、色々ありますよね。

あくまでもイメージですが、暗号資産を取引する証券会社みたいなものです。

大和証券とか野村證券とか、その他にも色々ありますが。

 

ビットコインのような暗号資産は基本的に取引所を介さなければ売買ができません。

なのでビットポイントジャパンのような取引所が必須なんですね。

 

ビットポイントジャパンで暗号資産が流出

不正なハッキング(クラッキング)によって、暗号資産が流失し被害総額はなんと35億円

暗号資産の流出と言えば、コインチェックが大きな問題となりましたね。

コインチェックの場合はずさんな管理体制が原因でしたが、ビットポイントジャパンの場合はどうなのでしょうか。

現在も同社により原因を追求中とのことです。

Sponsored Link