汐田パンダの父親がニューハーフに!理由は貧乏生活と借金か?

芸人の汐田パンダさんの父親は、汐田パンダさんが4歳の時に蒸発。

汐田パンダさんが大人になって、久々に会う機会があったのですが…

なんと父親はニューハーフになっていたんです。驚きですよね。

一体なぜ汐田パンダさんの父親はニューハーフになっていたのか!理由には貧乏と借金が関わっているようです。

Sponsored Link

汐田パンダってどんな芸人?

汐田パンダ

汐田パンダさん主にSMA(ソニーミュージックエンターテイメント)のHEET PROJECTに所属しているお笑い芸人。

全国区の芸人ではありませんが、ポツポツとテレビに出たり各地で営業を行っています!

1988年生まれなので、2019年には31歳を迎えます。

 

汐田パンダの父親は過去に蒸発していた

汐田パンダさんが4歳の時。

父親は突如蒸発して、それ以来返ってくることはありませんでした。

そして家族3人で窓のない5畳の物置小屋で15年間も住んでいたのです。

未だに母親は5畳の物置小屋に住んでいるらしく、早く全国区で有名になって母を物置小屋から連れ出すことが夢の1つでしょう。

貧乏芸人といえばEXIT兼近大樹さんもかなりとんでもない境遇で育っていました。

参考:EXIT兼近大樹の母親&父親が凄い!兄弟姉妹などの家族情報まとめ!

 

汐田パンダの父親がニューハーフに!?

汐田パンダさんの父親が蒸発してから26年間、2人が会うことはありませんでした。

しかしながら、母親は父親と定期的に連絡を取っているとのこと。

それを関西のテレビ番組『マルコポロリ』がキャッチして、蒸発した父親がいるという仙台にスタッフが向かったところ…

 

なんと、父親はニューハーフになっていたんです。

親の性別が変わる?ということは、普通は経験し得ないことだと思いますが、まさかの展開です。

 

汐田パンダの父親がニューハーフになった原因は?

汐田パンダさんの父親が本格的にニューハーフになったのは、蒸発してから2,3年後のこと。

借金から逃げ続けており、

  • 取り立てに来る銀行
  • 何十件も来る裁判所からの通知

でいっぱいいっぱいになってしまったようで、父親として、男としての『ノブ』という名前を全て捨てて、0から始めるためにニューハーフとして人生をリスタートさせたとのこと。

今までの人生を捨てなければならないほど、追い詰められていました。

追い詰めてくるものから逃げるために選んだ手段が、ノブという名前を捨ててニューハーフになることだったんですね。

 

まとめ:汐田パンダの父親について

まさかの展開となりましたが、汐田パンダさんは久々に父親と会い、和解しました。

親がニューハーフになったことは衝撃でしょうが、昔水族館や球場に行ったことを思い出してしまったそうです。

Sponsored Link