長澤まさみはスタイル抜群!身長と体重を見ると理想的体型?

長澤まさみといえばスタイル抜群。

特に2019年公開の映画『キングダム』で楊端和を演じた時は、その抜群のスタイルもさることながら演技も大きく話題になりました。長澤まさみさんが大きく注目された1件ですね。

ということで今回は、身長や体重についても絡めながらスタイル抜群の長澤まさみさんについて語っていこうと思います!

Sponsored Link

【画像】長澤まさみはスタイル抜群!

長澤まさみの楊端和(キングダム)が最高にスタイル抜群

長澤まさみ 楊端和

長澤まさみさんが凄い!となったのは映画『キングダム』でのこと。

山の民を率いる楊端和を演じたのですが、思った以上にはまり役。

上映当時は脇や太ももも話題となり、演技力もさることながらそれ以外の様々な点もクローズアップ。

キングダムの楊端和を演じる長澤まさみ キングダムの長澤まさみの脇が最高!楊端和の画像がヤバイ!

原作の『キングダム』の楊端和はセクシーかつ男勝りな武人であり、そのイメージに近づけるために努力もあったでしょう。

長澤は剣に振り回されないようにと撮影時に毎日素振りを重ね、1日1回、ベッドに当たらない寸止めの素振りを両手で同時に100回行ったことを明かしている。

引用:ライブドアニュース 

素振りを繰り返すことで腕に筋肉がつきます。美しいだけでなくかっこいいと思うようなスタイルが出来上がったのは、楊端和あってこそなのかもしれません。

スタイル抜群というのは天性のものではなく、努力によって出来上がったものなのです。

長澤まさみ 楊端和

美しいと言うよりは芸術に近いですね。

 

長澤まさみは昔からスタイル抜群だった

スタイル抜群の長澤まさみ

スタイル抜群の長澤まさみ

2019年公開のキングダムで話題にはなったものの、長澤まさみさんは昔からスタイル抜群です。

Sponsored Link

長澤まさみは8頭身!?

長澤まさみの頭身

長澤まさみさんは推定7頭身強~8頭身です。比較的7頭身強説が有力ですが、画像によっては8頭身という説も。

人間の平均は6頭身半程度(7頭身という説も)なので、長澤まさみさんの頭身の高さは生まれ持ったものと言えるでしょう。

7頭身強にせよ8頭身にせよ、その時点で体重などに気をつけておけばスタイル抜群になることは約束されたもの。

 

また、頭身以上に脚が長いこともモデル体型を促進しています。脚の長さも自分の意志でどうにかできる問題ではありません。

土台には恵まれたものがあったわけです。

Sponsored Link

長澤まさみの身長と体重について

長澤まさみの身長と体重

身長:168cm

体重:50kg前後?

身長168cmは女性にしては高身長であり、男性の平均身長に迫るものがあります。

やはり高身長だと抜群のスタイルへの近道となりますね。身長が低いなら低いでかわいい系の魅力がアップですが、スタイル抜群と呼ばれる道へ進むのは困難です。

 

体重については非公開なので不明ですが43kgという説があります。

168cmで43kgはあまりにも痩せ過ぎであり、病的なレベルでありスタイル抜群と呼べるものではありません。そのため43kg説はガセであると思われます。

一般的には168cmもあれば50kgを超えていてもおかしくはありません。

ただしスタイル抜群と呼ばれるからには40kg後半という可能性もあります。推定50kg前後というところでしょう。

 

長澤まさみの身長と体重から見るスタイル

高身長と適正な体重が織りなすハーモニー。

それが長澤まさみさんです。痩せることに拘る人が多いですが、痩せすぎはスタイル抜群という評価から外れに行くもの。

もちろん長澤まさみさんが評価のために体型を維持しているわけではありませんが、『長澤まさみ』という地位を維持して仕事を続けていくために、抜群のスタイルを維持し続けています。

 

まとめ:長澤まさみはスタイル抜群!

勝手な想像ですが、長澤まさみさんに憧れるのは女性が多いのかなと思います。

もちろん男が長澤まさみ体型を目指すわけはないんですが、モデル体型というのは女性の方が憧れやすいのかなと。

それにしてもここまでスタイル抜群だとまるで芸術のようです。それでは!

Sponsored Link