宇野昌磨と弟・宇野樹の自宅の写真はコレ!父が社長で実家が金持ち?

フィギュアスケーターの宇野昌磨(うの しょうま)選手は弟と二人暮らしをしていた時期があります。

弟は陸上ホッケー選手の宇野樹(うの いつき)選手です。成人二人の兄弟が同じ屋根の下で住んでいるのは、そこまで多いわけではないですよね。

そして実は実家が金持ちという話なのですが、根拠は一体何なのか!?

今回は宇野昌磨さんの実家や二人暮らしをしていた自宅の様子についての情報をお届け致します!

Sponsored Link

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家の写真

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家が割と豪邸

2010年にミヤネ屋にて宇野昌磨さんの実家が公開されていました。割と普通のマンションっぽい雰囲気なのですが、ドアを開けたらかなり凄い家なんです。

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家

ただいま~と言っているのは宇野昌磨さん。当時はまだ小学生でした。

玄関はよく見かけるマンションのドアという感じであり、一般家庭のような佇まいです。

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家

リビングへと続く廊下です。

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家

リビングにたどり着くと、一般家庭にしてはかなりオシャレな空間が広がっています。

特に西洋のお屋敷にありそうな戸棚や椅子が目を引き、家具に対するこだわりをうかがうことができますね。

天井近くにも皿のようなコレクションが飾ってあり、ただならぬ雰囲気が漂います。

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家

こうしてみると、リビングがかなり広いんです。

家具がオシャレなだけでなく、相当に広いリビングであることから、ただのマンションではないことが分かります。

もちろんテレビ取材がくるということでいつも以上に綺麗にしているはずですが、それでも豪邸という表現が似合う空間です。

見えないところにはピアノも置いてあるとか。

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家

窓の近くにはこれまで取ったメダルやトロフィーが飾ってあります。

 

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家にある家紋グッズ

宇野昌磨さんと弟・宇野樹さんの実家の写真です。

謎の家紋がついた入れ物と暖簾が写真に収められています。

宇野昌磨の自宅について

宇野昌磨の自宅の写真

宇野昌磨さんは実家ではなく親元を離れて一人暮らしをしています。

2017年には公式サイトでダーツをする宇野昌磨さんの写真がアップされました。

ダーツバーなどではなく、道具一式を揃えて自宅でダーツを行っている写真ですね。アングルやタイミングを見ると何度か取り直していそうな感じですが、手の動きの疾走感も相まって非常にスタイリッシュです。

ちなみにこれは自宅ではなくて事務所説があります。ファンの間でも考察が分かれていますが、

  • 手前の複合機が家庭用?
  • キッチン?がある

ということで、事務所ではなく自宅ではないかと言われています。ちなみにキッチンには歯磨き粉が置いてあり、これがクリニカであることが特定されています。

キッチンにクリニカが置いてあるのは不自然なので、洗面所説も上がっています。

 

宇野昌磨は弟・宇野樹と二人暮らしをしていた

宇野昌磨さんと弟の宇野樹さんは、実は二人暮らしをしていた時期があります。

宇野樹さんが受験のこともあり2019年の6月に実家に戻ったとのことですが、それまでは一時期二人暮らし。

二人暮らし時代はしょっちゅうゲームをしていたらしく、話す内容の多くもゲーム。

喧嘩することもほとんどなかったものの、たまの喧嘩はゲームが原因だとか。

Sponsored Link

宇野昌磨と弟・宇野樹の実家は金持ち?

先程実家の写真を見て分かったように、ただの一般家庭とは思えない佇まいの空間。

そのため実家はお金持ちなのではないかと言われています。

フィギュアスケートにはお金がかかる

「フィギュアスケートはお金がかかることで有名です。安いスケートシューズは2万~3万円で買えるのですが、一流選手が使うスケートシューズはブレードと靴を合わせて20万円ほどするんですよ」(フィギュア関係者)

引用:エキサイトニュース

うわっ!20万円もするんですね!しかも半年で買い替えをするらしいのでシューズだけで年間40万円!

って書くとかなり白々しいのですが、その他遠征費用やレッスン料もかかるわけで、お金はかかります。

長持ちするテニスラケットなんて高くて3万円ですし、道具で年間40万円と考えたらやっぱり高いです。

 

宇野昌磨の父は社長だった!

宇野昌磨の父

宇野昌磨さんの父親は宇野宏樹さんという会社経営者です。

実父は名古屋にあるIT関係の会社を経営していて

引用:エキサイトニュース

エキサイトニュースではIT社長と称されていますが、実際には電子機器のマニュアルを作成したり、Webデザインの提案などを行う㈱ウィードという会社です。

とりあえず『IT関係』と言っておけば何とかなるだろうということで、そう表現したのだと思います。

創業は2000年であり、企業の10年後生存率はデーターによって乖離が大きいのですが3割は上回らないと言われています。それを考慮するとすでに創業から19年以上が経過しており、

Sponsored Link