リーチマイケルの嫁の出身は日本!共同経営するのカフェ情報も!

リーチマイケル選手の嫁は実は日本人です。

といっても、リーチマイケル選手自身もニュージーランド出身ですが日本に帰化しています。

ということで、今回はリーチマイケルの奥さんである知美さんの情報についてお届けしていきます。

また、知美さんは都内でリーチマイケル選手と共同でカフェを経営しているとのことで、その情報についても触れていきます。

Sponsored Link

リーチマイケルの嫁の出身は日本人

リーチマイケルの奥さん知美

リーチマイケル選手はニュージーランド出身ですが、15歳の時に日本に留学してきており、それから日本の高校と大学に進学しました。

ということもあり、リーチマイケル選手は嫁である知美(さとみ)さんとは日本で出会っています

では早速どんな出会いを果たしたのか、お伝えしていきます。

 

リーチマイケルと嫁との馴れ初め

リーチマイケルと嫁の出会い

リーチマイケルの奥さん知美

リーチマイケル選手は東海大学に通っており、未来の奥さんである知美さんと出会ったのは東海大学でした。

実はリーチマイケル選手と知美さんは大学の同級生だったのです。

そして出会いは大学のバトミントンの授業だったとか。

声をかけたのはリーチマイケル選手からで「バトミントンの授業レポートあったよね?」というのがファーストコンタクト。

知美さんは、

  • シャイで全然喋らない
  • 日本語喋れるの?


と思っていたらしく、その時に日本語を喋れることを認識したそうです。

 

リーチマイケルと嫁の交際が始める時

リーチマイケルと嫁

実はリーチマイケル選手が「好きです。」という気持ちを電話で伝えたのですが、「付き合ってください。」と言ったのは知美さんから持ちかけた話なのです。

リーチマイケル選手は電話の最後に、「これから頑張っていくから。」と言われて電話を切ってしまいました。

リーチマイケルと嫁

知美さんは「告白しないの?」と思ったそうです。日本人ならそう思いますよね。

それから待てども待てどもリーチマイケル選手は告白してくる素振りを見せません。

そのため、電話から1ヶ月後に知美さんがリーチマイケル選手に「付き合ってください。」と告白をすることになったのです。

 

「告白してから付き合う」という文化は日本独特のものであり、海外ではあまりメジャーではありません。

シャイだったんじゃないか?」と思われそうですが、これは文化の違いが如実に表れただけかもしれませんね。

ちなみに、大学3年生の時に交際を始めて、約5年の交際を経た後に2012年に結婚に至りました。

Sponsored Link

リーチマイケルと嫁のエピソード

リーチマイケルが弱音を吐いた時に

リーチマイケル

リーチマイケル選手は左肘と左足首を骨折。

いつもは弱音を吐かないリーチマイケル選手が、

ラグビーをやめたい

と漏らすほど精神的に打ちのめされていました。そんな時に、

やめても2人で働けば生活はなんとかなる

と知美さんが言葉をかけると、リーチマイケル選手に変化が訪れました。

いつもはなんでも1人でやってきたリーチマイケル選手が、

マッサージやってくれないか?

と知美さんを頼りにするようになりました。

リーチマイケルの奥さん知美

その出来事をきっかけに、知美さんはマッサージの勉強を始めリーチマイケル選手のマッサージを始めることに。

知美さんは「サポートできることがうれしい」と語りました。

 

リーチマイケルにひらがなのメールを送ったら…

リーチマイケルの奥さん知美

最初はリーチマイケル選手が感じを読めないと思って、全部ひらがなのメールを送ったら

ナメんなよ。

と漢字付きのメールが返ってきたとか(笑)

 

リーチマイケルと奥さんの子供

リーチマイケルの奥さん知美

リーチマイケル選手には子供が1人います。

アミリアちゃんという女の子で、2013年11月生まれ。

2019年には6歳を迎えますね。

Sponsored Link

リーチマイケルの嫁が経営する都内のカフェ情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Leitchさん(@michael_leitch)がシェアした投稿

店名 Cafe+64
住所 東京都府中市美好町1-18-3
コーポビバルディ 1F
アクセス 京王線
分倍河原
徒歩10分

 

リーチマイケル選手はラグビーの傍ら、知美さんと東京都府中市でカフェを経営しています。

カフェと言っても食事のメニューもバーガーやパスタもあり、男だけで訪れても十分に満足できる品揃えとなっています。

+64というのは母国ニュージーランドの国際電話の頭の番号からとっています。

リーチマイケル選手はラグビーだけでなくコーヒーも大好きで、コーヒーと経営の勉強をしてカフェを開いたとか。

Sponsored Link