織田信成のモラハラは誰から?濱田美栄コーチ犯人説はほぼガセか!

織田信成

アイススケーターの織田信成さんが、モラハラを受けていたと告発。

一体誰からモラハラを受けていたのかが議論になっています。

週刊文春が「織田信成がモラハラ告発 疑惑のコーチが反論」というタイトルで報道をし、タイトルだけ読んでしまった人が

「犯人は濱田美栄コーチだ!」

と勘違いしてしまう流れもありますが、記事内ではそのようなことにはなっていません。

では一体誰からモラハラを受けていたのか、考察をしていきます。

Sponsored Link

織田信成のモラハラ告発を分かりやすく

  • 2019年9月29日更新の自身のブログで関大アイススケート部の辞任について説明
  • 辞任理由は『多忙』ではなくモラハラがあったため
  • モラハラにより体調を崩すこともあり、関大側の対応もずさん

参考:織田信成オフィシャルブログ

モラハラ、つまり内部の人間から嫌がらせを受けており、それに対する関大側の対応にも誠意を感じられなく、体調を崩すこともあったため、関大アイススケート部の監督を辞任したわけです。

ブログ更新以前に『多忙』を理由として監督辞任が報じられたのを、否定する形でモラハラ告発という流れになりました。

ここで気になるのが、一体誰が織田信成さんにモラハラをしていたのかということになります。

Sponsored Link

織田信成のモラハラは濱田美栄コーチからではない?

濱田美栄コーチがモラハラの犯人???

織田信成さんと濱田美栄コーチは、部活の方針を巡って意見が対立していたようです。

織田信成さんは部活生の学業が疎かになってはいけないということで、試合の出場に成績などの基準を設けたいと考えていました。

しかし、濱田美栄コーチは「練習する時間がなくなってしまう」ということで意見が対立。

その結果、週刊文春が関大の関係者と称する人物にインタビューをしたところ、

挨拶を無視するようになった

という事態に発展したとか。

 

濱田美栄コーチの反論

週刊文春は濱田美栄コーチにインタビューを行いました。

要約すると以下の通り。

  • 織田信成の考えには同意だがペナルティありきの考え方には反対
  • 挨拶を無視したことはない(忘れたことはあるかも)
  • 多忙なのは本当だろう。最初からリンクにはいない

ということで、濱田美栄コーチは自身がモラハラをしていたという疑いを全面的に否定しています。

また、織田信成さんの所属していた事務所は「意見の相違があったことは事実」としながらも、誰からモラハラを受けていたのかは公表できないと発表しました。

そのため、織田信成さんの言うモラハラについては濱田美栄コーチは関与していなかったのではという見方があります。

このように調査対象ではなかったと推定できることも、根拠の1つであると言えるかもしれません。

Sponsored Link

織田信成のモラハラは誰から受けていた?

織田信成の意味深なツイート

織田信成さんは2019年8月10日に意味深なツイートをしていました。

誰かを下げることで誰かを褒めるのってどうなのよ?

という褒め方についての意見を発信しています。ツイート当日も心配をするファンの姿を見ることができますが、モラハラの告発があったことで、これは自身がされていた行為の一部なのではないか?と考えることもできます。

 

織田信成は誰からモラハラを受けていた?

「コーチ別に見ると3つの体制があります。織田さんとお母さんの憲子さんが指導をする“織田組”、濱田美栄コーチが指導する“濱田組”、本田武史コーチと長光歌子コーチが指導する“本田長光組”の3チームです」(関西大学関係者)

引用:FRIDAY

  • 織田組
  • 濱田組
  • 本田長光組

となると、消去法で『本田・長光組』が怪しく見えてきてしまうものであり、ネット上でも同様にそこを怪しむ意見が出てきています。

ただし、モラハラを受けていたのはコーチからと断定できるものはなく、表には名前が出てこない裏方が関与している可能性もあります。

Sponsored Link