嵐がYoutubeで開設を始めたのはなぜ?理由は販促のためだけじゃない?

2019年10月9日に嵐がYoutubeで楽曲のストリーミングを開始しました。

ジャニーズがアーティストのチャンネルを解説したのは初であり、かなりの衝撃が走りました。

一体なぜ急に嵐のチャンネルを開設したのか。その理由について迫ります。

Sponsored Link

嵐がYoutubeで公式に公開した楽曲は5曲

嵐

  • ARASHI
  • Love so sweet
  • Happiness
  • Truth
  • Monster

ジャニーズが最初に配信したのは上記の5曲。

新曲のプロモーションとして配信し始めたというわけではなさそうですね。

5曲のどれもが嵐の往年の名曲であり、ファンでなくてもカラオケで歌えるレベルのものばかり。

最初に『嵐』というジャニーズを牽引するアイドルの『往年の名曲』が公開されたことは、Youtubeチャンネル開設の理由を考察するにあたり非常に重要な要素ではないかと思います。

Sponsored Link

ジャニーズが嵐のチャンネルを開設した細かい理由を考察

大まかに「既存のファンの満足度を高めるため」か「新規のファンの獲得」を目指しているのか。

恐らく今回は何らかのアクションの布石を打つためだったり、様子を探るための開設かと思われます。

 

販促が目的なのか?

チャンネル開設の1週間後には『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』というブルーレイとDVDが発売されます。

とはいえガチのファンでなければ買わないでしょうから、新規のための販促というのは少し考えにくいのかなと思います。

ただ、Youtubeチャンネルを見れば分かりますが、

  • ブルーレイ&DVD発売の告知
  • チャンネルのヘッダー画像がビデオクリップのジャケット

であるため、販促という面はあると思います。

ただしこれはあくまでも目先の目標。チャンネルを解説したことで、ファンしか買わないようなビデオクリップの売上にどれほどの影響がでるのかという貴重なデータが手に入ります。

 

話題性があり多くの人の視聴を見込むことができる

前述したように、公開された楽曲は超有名でファンでなくても知っている5曲。

つまりファンじゃない人もついついチャンネルを見に行っちゃうわけです。

おまけにツイッターのトレンドに上がるほど話題性は抜群。

特に「懐かしい曲だな~」っていうだけで、見に行っちゃう人はそれなりにいるものですね。

なので、次に繋げるためにチャンネルを開設したという認知度を高めるという意図があったと思われます。

どんなにいいものを提供しても、露出や認知がなければそもそも気づかれませんから。

なので

Sponsored Link

ジャニーズが嵐のYoutubeを開設した理由は『とりあえず』か

嵐のYoutubeチャンネル

ジャニーズとしても公式チャンネルの開設は初めてのことです。

恐らくですが色々な期待をこめて、とりあえずやってみてデータを収集するというのが大きな目的ではないでしょうか。

  • 新曲のプロモーションに使えるのか
  • 既存のファンの満足度は高まるのか
  • 新規のファンの獲得に繋がるのか

などなど、今後チャンネル開設をどう活かすことができるのかを、試験的に運用を始めたのではないかと思います。

目先の目標は『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』の販売にどれほど影響がでるかのデータ収集

長期的には「何と組み合わせると全体の満足度や利益の向上に繋がるか」を探るという目標のためでしょう。

Sponsored Link