YOSHIを嫌いで不快になる人続出!タメ口と生意気さでネットは大炎上?

YOSHI

YOSHIという16歳のモデル兼俳優兼歌手の露出が増えていますが、タメ口生意気ということで『嫌い』になり、テレビに映ると不快に感じる人が続出。

16歳というと正しい敬語を使えないのはある意味自然なことですが、タメ口を多用するのはいかがなものかという意見は多いです。

ということでYOSHIさんを嫌いになってしまうような点を見ていきましょう

YOSHIを嫌いで不快になる原因

YOSHIのタメ口が生意気で嫌い!

映画『タロウのバカ』の舞台挨拶を見ればある程度分かるかと思いますが…

 

YOSHIさんはバラエティなどに出演してもタメ口が目立ちます

100%タメ口をきいているわけではありませんが、相手が大物であろうと歳上であろうとポツポツとタメ口をきいています。

他の16歳の俳優やアスリートを見ると、タメ口が目立つ人は少ないためYOSHIさんのタメ口は嫌でも目立ちますね。

ただ、さすがのYOSHIさんも歳上の人を呼び捨てにはしないようです

 

YOSHIの態度が生意気で嫌い!

YOSHI

生意気な態度も不快に感じる理由の1つです。

YOSHIさんは相当な自信家なのか、常にイケイケな態度。

職業柄多少つくっている面はあるかと思いますが「スクールカースト上位の陽キャ感がある高校生」のようなイメージが、テレビを通して伝わってくるのでしょう。

YOSHI

『行列のできる法律相談所』でも、さんまさんに浣腸をするYOSHIさんの姿がありました。

物怖じしない性格でもありますが、等身大の16歳すぎる面は大衆受けするものではないのかもしれません。

舞台挨拶でも片手を腰に当てて偉そうな立ち姿であるのも、目についてしまうでしょう。

YOSHI語録が生意気で嫌いな人が続出

YOSHI

YOSHIさんの語録を見ると、どんな人物像なのか分かってくるでしょう。

  • 「好きで16年前に産まれたわけじゃない。年齢なんか関係ない」
  • 「なんで学校の先生に習わないといけないんだ」
  • 「型にはまったことが嫌い」

結果は出しているものの、一般的に受けが悪いことをズバズバ言っているのは間違いないでしょう。

 

また、それ以上にタメ口が目立つ生意気な態度も節々から垣間見えます

 

「最高だったよマジで!」とタメ口

菅田将暉とYOSHI

映画『タロウのバカ』の舞台挨拶で、共演した菅田将暉さんに「早いね。」と言われた時に返した言葉がこの

最高だったよマジで!

という言葉。

「早いね」というのは『タロウのバカ』の主演をやるにあたった経緯を聞いて、菅田将暉さんが「(決断するまで決まるまでが)早いね。」ということです。

 

「もう同級生だと思ってるんで!」と監督に発言

YOSHIとタロウのバカ

映画『タロウのバカ』の監督をたっちゃんと呼び、「もう同級生だと思ってるんで!」と発言。

監督が容認しているようで、深く追求する件でもないでしょうが、舞台挨拶で堂々と言葉を発することができるのはある種の才能でしょう。

YOSHIを嫌いで不快な人の意見

YOSHIとかいう糞ガキ嫌いなんだけど笑

またこいつ出るの?
すげー嫌いだわ

「好きで16年前に産まれたわけじゃない。年齢なんか関係ない」「なんで学校の先生に習わないといけないんだ」「型にはまったことが嫌い」

…もう反抗期真っ只中のオレカッコイイだな。中二病。


YOSHIってゆう16歳の男の子… ああゆうタイプほんま嫌い😹

YOSHIはさんまからは高評価

明石家さんまとYOSHI

さんちゃんに出会った。
彼はある日俺に言った。
「さんちゃんって呼ぶのはお前だけ許す、けど周りの人がいろんなことをそれをやることによって言われるかもしれないけどお前は気にせず突き進め」と言われ、
「敬語になったらぶったおすぞって」言われた笑・そのことを聞いてさらに頑張れる気持ちになった。

引用:YOSHI公式インスタグラム

上記はYOSHIさんのインスタグラムにて投稿された文章です。

前述した菅田将暉さんとも仲が良さそうで、明石家さんまさんからも未来を期待されている言葉を投げかけられたようです。

こうして見ると、YOSHIさんの未来を楽しみに思う人は業界内では少なくはないのかもしれません

 

『さんちゃん』というのは明石家さんまさんです。

明石家さんまさんにタメ口をきけるのはある種の才能です。

YOSHIという若き少年がどこまで伸びていくのか、それとも縦社会の前に屈してしまうのか。

明石家さんまさんほどの大御所であれば、そんな感情を抱いて少年の成長を見守っているのかもしれません。