【LINE】出澤剛社長の経歴まとめ!早稲田卒の年収億超え社長?

LINEの社長出澤剛

LINE株式会社(LINE㈱)の代表取締役社長である出澤剛(いでさわ たけし)氏の経歴を紹介していきたいと思います。

また、年収についてはLINE㈱が上場したことで丸裸になりました。

今回は出澤剛社長の経歴や年収についての情報をお届け致します。

Sponsored Link

出澤剛社長の出身と学歴

出澤剛

  • 生年月日:1973年6月9日
  • 出身:長野県佐久市出身
  • 高校:長野県野沢北高等学校
  • 大学:早稲田大学政治経済学部

出澤剛社長は長野県に生まれ、その後は早稲田大学の看板学部である政治経済学部を卒業しました。

母校である野沢北高校で講演会を行ったこともあり、生徒の半数が講演会に参加したとか。

 

出澤剛社長の社会人としての経歴

  • 1996年 朝日生命保険相互会社 入社
  • 2002年 ㈱オン・ザ・エッジ 入社

㈱オン・ザ・エッジは㈱ライブドアの旧社名です。

経営者にありがちな数々の会社を渡り歩いてきたわけではなく、転職は1回であり独立を経験したわけではありません。

しかしながら、オン・ザ・エッジ入社後の昇進具合には目を見張るものがあります。

 

2006年には役員となり、2007年には㈱ライブドアの代表取締役社長に就任しました。

2012年には経営統合による影響でNHN Japan㈱(LINE㈱の前身)の取締役になるものの、2014年にはLINEの代表取締役に就任し、2015年にはLINEの代表取締役社長に就任したのです。

 

さて、あまり馴染みのない会社名が続々出てきたので、次の項目ではそれぞれどんな会社なのかをざっくりと説明していきます。

Sponsored Link

出澤剛社長が渡り歩いた会社の詳細

朝日生命保険相互会社

朝日生命

読んで字の如く生命保険を販売している会社です。

近代的な生命保険会社としては国内で2番目に誕生した会社であり、実は歴史がある企業なんですね。

第一生命や日本生命が強すぎて「朝日生命に入っている。」という人はレアな存在かもしれません。

 

㈱オン・ザ・エッジ⇒㈱ライブドア

ライブドア

オン・ザ・エッジはライブドアの旧社名です。

オン・ザ・エッジといえば堀江貴文さんが創業した会社であり、当初は株式会社ではなく有限会社として設立されました。

設立時期は1996年であり堀江貴文さんが大学在学中。4人のメンバーによって立ち上げられた小さな会社でした。

Webを通じたビジネスで急成長しマザーズに上場。ホームページ制作などを請け負っていたようです。

 

NHN Japan㈱⇒LINE㈱

NHNJAPAN

NHN Japanとつくからには、本体は日本にはありません。

本体は韓国のインターネット企業NHNであり、同社は2013年にネイバー株式会社と企業名を変更。

名前のごとく『NAVERまとめ』を運営している母体の企業ですね。その日本法人がNHN Japanです。

 

2013年にLINE㈱と屋号を変更したら馴染みがありますよね。

LINEを使っていない人はほとんどいないくらい日本に浸透していますが、そのLINE事業を行っているのがLINE㈱です。

ネイバー傘下の企業ですが、ネイバーグループの総資産の4割近くをLINEが占めているとか。

『NAVERまとめ』による広告収入は相当なものでしょう。

Sponsored Link

出澤剛社長の年収

出澤剛

  • 2016年の役員報酬:約1億4000万円
  • 2017年の役員報酬:約2億2000万円

LINE㈱はオーナー経営ではないので、役員報酬を税金対策のために調整したり、食事を経費で落としまくるという荒業を使うことは困難。

単純な報酬自体は役員報酬がほとんど全てを占めているでしょう。

雇われ社長で1億円を超えるケースは一般的でなく、役員報酬のみで2億を超える年収があるのは相当なものです。

それだけネイバーグループの売上に貢献しているということでしょう。

LINE㈱は東証一部上場企業であり、年収も公開されるためいたずらに年収が高いと株主から反発を食らうことになりますから、それだけ能力の高さを認められていると判断することができます。

Sponsored Link