モスクのジハードの赤旗掲揚の意味は宣戦布告?イランの真意とは

2020年明けにイランのモスクで掲揚された赤旗

ジハード(聖戦)を意味するとも言われていますが、赤旗掲揚の意味は何なのか?

有識者の見解では「報復に臨む意思表示」であると考えられています

アメリカへの宣戦布告とも噂される中で、今回のジャムカラン・モスクで掲揚された赤旗の意味を探っていきましょう。

Sponsored Link

ジハードの意味とは?

そもそもジハードとは何を意味するのか。ゲームなどで聞く機会はあっても、原典について知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

ジハードはイスラームにおける『努力』を意味しています。『聖戦』という意味で使われがちですが、原典ではもっと広い意味で使われる言葉のようです。

でも「ジハード」と「聖戦」はイコールではないんですよ。

アラビア語の辞書を引くと「ジハード」は「努力」となっています。宗教上の用語でも「命も地位もお金も惜しまずに、最大限できる努力」を意味します。

引用:NATIONAL GEOGRAPHIC

だから戦いを努力と定義すれば、聖戦もジハードと解釈できるわけですね。

また、テロリストや過激派だけでなくメディアがジハードを聖戦として使うようになった経緯もあります。

Sponsored Link

ジャムカラン・モスクでの赤旗掲揚

モスクでの赤旗掲揚の拡散

ツイートからは、まるで宣戦布告を意味するような空気が漂っています

元となるツイートはどのようなものだったのか確認する必要がありそうです。

 

拡散される元になったツイート

上記のツイートが全ての発端のようです。ツイートの主は海外のジャーナリストで、BBCを始めとする報道機関への寄稿も行っています。

翻訳をすると、

  • ジハードの赤旗が掲揚された
  • 「ソレイマニの死」に対する復讐の準備が整った

と穏やかなものではありません。

元のツイートでは正式な作戦開始が週明けとは記載されていませんが、すでに「報復の準備は整っている」ことを鑑みて、喪に服す期間が終わった時に動きがあると考えているのでしょう。

Sponsored Link

モスクの赤旗が意味するジハードとは

赤い旗は『これから訪れる熾烈な戦いの象徴』であるようです。

ジハードの原典の意味は『努力』ですが、「異教徒との戦い」という使われ方もしています。

断定はできませんが、「アメリカに対する報復を辞さない」という意思があることは間違いないようです。

 

モスクでの赤旗掲揚の意味とは

『遺憾の意』というレベルの話ではなく、「すでに報復を行う意思はある」ということの象徴と見られています。

また、喪に服す期間が終わった後に本格的な報復活動を行うと見る動きもあります。

第三次世界大戦の発端ともなりかねない事態ですが、中露がイランを支持していることもあり国際情勢は悪化の一途を辿っています。

Sponsored Link