【ヒロアカ】志賀丸太の名前変更の理由は?731部隊の人体実験の歴史が原因

志賀丸太

僕のヒーローアカデミアことヒロアカの登場人物である志賀丸太の名前が変更になりました。

歴史の史実を彷彿とさせる名前であるということですが、一体なぜ名前変更にまで至ったのか。

どうやら韓国を始めとする海外から批判が殺到したことが炎上した理由です。

では、ヒロアカの志賀丸太の炎上理由と批判の内容を深堀りしていきます。

【ヒロアカ】志賀丸太の名前が変更

2020年2月3日に登場したヒロアカの登場人物である志賀丸太の名前が変更となりました。

志賀丸太という名前が歴史的な史実を彷彿とさせることが理由です。

では、歴史的な史実とは何なのか。それは旧日本軍のとある部隊が関係しています。

 

【ヒロアカ】志賀丸太の名前が変更になった理由は?

志賀丸太の名前変更は731部隊のマルタが問題

【お知らせ】週刊少年ジャンプ10号(2月3日発売)『僕のヒーローアカデミア』の登場人物「志賀丸太」について、その名前が「過去の史実を想起させる」とのご指摘がありました。命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません。

しかしながら、無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではないため、作者と相談の上、コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました。

引用:ジャンプ公式サイト

  • 過去の史実を彷彿とさせる
  • 史実を意図した命名ではない
  • 単行本では名前を変更する

旨をジャンプの発売日当日に行いました。

過去の史実というのは旧日本軍の731部隊が行った人体実験のことです。

731部隊は主に人体実験を行う部隊の名前であり、被験者のことをマルタ(丸太)と読んでいました。

志賀丸太

そして、志賀丸太というキャラクターは

  • 病院の委員長
  • 劇中で人体実験を行う

ことがまずかったのでしょう。人体実験を行うキャラでなければ、このような事態にはならなかったはず。

日本人には馴染みが薄いですが、731部隊の被験者の多くは外国人です。

そのため、海外でも人気のヒロアカは批判に晒される形になったわけですね。

 

志賀丸太への批判は主に韓国から

名前に『Don’t use ‘丸太’ horikoshi』とつけたアカウントが大量に存在しています。

旧日本軍の731部隊とは

731部隊

731部隊とは旧日本軍が保有していた陸軍の部隊の通称で、主に第二次大戦中に活動をしていました。

主な任務は防疫や給水ですが、生物兵器の開発も担っていました

その一環で、人体を使った事件を行っていたのです。

被験者(マルタ)は韓国人だけでなく、ロシア人やその他の外国人が存在したと言われています。

NHKでも特集されたことがあります。より731部隊について詳しく知りたい方は上記の動画を御覧ください。

 

【ヒロアカ】志賀丸太の名前変更が迅速過ぎた理由

ヒロアカのイメージ低下を防ぎたかった

ヒロアカに炎上や731部隊のイメージがつくことを最も嫌がったのでしょう。

早めに対応することで、時間と共に今回の騒動そのものを記憶から消したかったと。

 

一刻も早く炎上騒動を収束させたかった

アニメ版の鬼滅の刃でもイスラム教関連で騒動が起こりました。

その時に何かを学んだのか、一刻も早く騒動を鎮静させることがベストだと判断したのでしょう。

このまま『志賀丸太』という名前を使い続けるよりも、早く鎮静させて面倒を避けたかったと考えられます。