桃田賢斗の会見でのラッキー発言の内容はコレ!質問した記者はフジテレビ?

記者会見中の桃田賢斗

2020年3月6日にバドミントンの桃田賢斗選手が会見を行いました。

事故後の手術からの回復をしたということでの会見ですが、毎度おなじみの記者からの失礼な質問が飛びました。

ラッキーですか?」という質問の字面から漂う危険臭。

今回は桃田賢斗選手の会見での

  • 失礼なラッキー発言の内容
  • 質問した記者

について情報をお届けいたします!

【桃田賢斗の会見】記者のラッキー発言の内容について

上記の動画は桃田賢斗選手の会見の様子です。

クリックするとちょうど記者の失礼な発言の箇所から再生されます

記者

すみません。フジテレビの佐々木と申します。お疲れさまです。

記者

事故のことになってしまうんですけれども、まあ、事故があった時に、なんでこんな時期にっていうアンラッキーに感じる部分と、生きることができたっていうラッキーに感じる部分と、僕らも受け止め方が複雑な思いがあったんですけども、ご本人は今回の事故に対してラッキーアンラッキーという部分でどのような受け止め方をされたのかな、という。

桃田賢斗

あの事故によって亡くなってしまった方がいる中で、ラッキーって思ったことは一度もなかったですね。でも、起きてしまったことなので、引きずっても仕方ないですし、バドミントンを続けるチャンスがあるので自分のためだけではなくて、バドミントン界においていい影響を与えられるような選手になりたいなと思っています。

上記のやりとりは、ほぼ原文のママです。

端的にまとめると、

  • こんな時期に事故にあってアンラッキーですよね?
  • でも生き残れたのはラッキーですよね?

ということ。事故で亡くなられた方もいるので、非常に失礼だとネット上では炎上しています。

【桃田賢斗の会見】ラッキー発言をした記者はフジテレビ?

記者のアイコン

質問をする時に記者は所属と名前を名乗っています。

「ラッキーですか?」発言をしたのはフジテレビの佐々木氏ですね。

ワイドショーなどに出てくるような方ではないようですが、1日2日は時の人になってしまいそうです。

ちなみに、フジテレビの番組で会見を放送したようですが「ラッキー質問」の箇所は放送しなかったようです。

桃田賢斗選手の回答が素晴らしいの一言で終わる上に、フジテレビのイメージは下がりますからね。