菅田将暉と小松菜奈のキスシーン&尊い瞬間まとめ!伝説の顔ぺろ動画も!

溺れるナイフのすだなな

菅田将暉さんと小松菜奈さんは何度も共演されています。

その甲斐もあってお似合いと称されることが多いですね。

ファンが尊いと言うシーンも多く、顔ぺろからのキスシーンは伝説となっていますね。

ということで、今回は菅田将暉さんと小松菜奈さんのエモいシーンをまとめました。

菅田将暉と小松菜奈の共演作

すだなな

菅田将暉さんと小松菜奈さんの共演作は以下の通りです。

2016年 ディストラクション・ベイビーズ(映画)
2016年 溺れるナイフ(映画)
2018年~ niko and…(CM)
2020年 糸(映画)

ディストラクション・ベイビーズはバイオレンスなので、すだななを求めるのは間違った作品です。

となると『溺れるナイフ』『糸』がすだななのエモみを感じられる作品。

しかし、中級者ともメイキング動画で尊みを感じるもの。早速そんなシーンを見ていきましょう。

 

①【溺れるナイフ】菅田将暉と小松菜奈の顔ぺろ&キスシーン

【動画】顔ぺろからのキスシーン

小松菜奈さんがこぼしたジュースをぺろりとなめてそのままキス!

「ぺろ」というより「べろお」とネットリ気味ですが、

あのシーンは悶えた

顔ぺろで落ちた

菅田将暉に顔ぺろされたい

などかなり話題になったシーンです。

菅田将暉さんだから許されるキスシーンですね。

顔ぺろからのキスシーンを語る菅田将暉と小松菜奈

顔ぺろを語るのは03:30頃から

このシーンについて、2016年11月12日の舞台挨拶で主演の2人が語りました。

菅田将暉

菅田将暉さんはこの顔ぺろシーンについて、

原作通りなんですよ。

監督も好きなシーンということで、なるべく忠実にやったということ。

と語りました。原作にもあるシーンなのですが、監督がお気に入りのシーンでもあり忠実に再現しただけなんだとか。

菅田将暉さんは淡々と語っており、キャラを崩しません。

小松菜奈

それに対して小松菜奈さんは、

何でも来るなと思っていて、それを受け止めるしかないんだなという状況だった。そういう気持ちだった。

と語りました。かなり真面目な顔で

そこで菅田将暉さんが空気を和まし始めたんですが、本当は嫌だった???

 

②【溺れるナイフ】菅田将暉と小松菜奈が海でいちゃつく

【動画】海でいちゃつく2人

『溺れるナイフ』とあるように文字通り菅田将暉さんと小松菜奈さんが海でいちゃつくシーン

幻想的な雰囲気ですね。

BGMも相まって急に惹き込まれるシーンです。ファンにとっても記憶に残るシーン。

 

小松菜奈いわく「本気で死ぬかと思った」撮影

小松菜奈

幻想的なシーンですが、撮影はかなり過酷なものでした。

  • 練習はプールだけど本番撮影は荒れた海
  • 小松菜奈は体が沈まないから重りをつけて撮影
  • 海中で目を開けているから多分痛い

特に小松菜奈さんは「本気で死ぬかと思った。」と当時の撮影を振り返りました。

制服を着て重りをつけて海に潜るなんて、普通に考えたら常軌を逸しています。

③菅田将暉と小松菜奈の素のやりとりがエモい

焼き芋について雑談をする菅田将暉さんと小松菜奈さん。

  • この僅かなやり取りには、
  • タメ語で喋る二人
  • 肘で小突くほど仲が良い

とエモみが詰まった尊み秀吉なシーンです。

このツイートは6万いいねを超え、多くのファンが共感したようですね。

 

④菅田将暉と小松菜奈がただ仲良さそうにしてるだけ

niko and…のメイキング映像がこちら。

何度でも見ていられる!

お似合いですわ

と、ただ壁のシミになって二人を見ていたいという欲望を叶える動画になっています。

キスしていなくても、伝わる尊みが深くてしんどい。