This video has been deleted.の和訳&解説!was deletedじゃないのはなぜ?

xvideos

男ならThis video has been deleted.という英文は一度は目にしたことがあるでしょう。

オリジナルを目にした瞬間相当苛つきます。

しかし、落ち着いて考えてみると

「This video was deleted.」と過去形で表さないのはなぜなのか?

と考えたことがある人もいるでしょう。筆者は賢者タイムに考えたことがあります。

ということで、日本でトップクラスに有名なこの英文を和訳&解説していきます。

This video has been deleted.の元ネタ

「This video has been deleted.」(ディスビデオハズビーンデリーテッド)は紳士の集う動画共有サイトxvideosにて、

飛んだ先の動画が削除されていた時

に表示される一文です。

好奇心MAXの状態でこの文章を見た時の苛立ちと絶望は半端じゃないです。マジで。

最近はリンク切れでも表示されない可能性があります。

少なくとも筆者は削除された動画URLに飛んでも、この文章が表示されることはありません。

それはそれで悲しい。

 

This video has been deleted.を和訳

この動画は削除されています。

と、和訳をすると非常に単純です。

この1文で人間を絶望の淵に追いやるのですから、言葉の力は恐ろしいものです。

ただ、和訳すると単純であっても英文としては非常に面白いので、もう少し深く解説していきます。

This video was deleted.でないのはなぜ?

なぜ「This video was deleted.」ではないのか。

なんなら「This video is deleted.」でもよさそうなもんです。

しかし、わざわざ現在完了のhave been~を使っています

それは英語ならではの表現方法が絡んでいます。ニュアンスが違うんですね。

  • This video was deleted.
    ⇒この動画はすでに削除された。
  • This video has been deleted.
    ⇒この動画はすでに削除された。もちろん今も見れないよ

過去形では過去に消された事実のみを伝えていますが、現在完了だと「今も消されたまんまだよ」という意図も伝えられます

過去に消されたかどうかなんてどうでもいいじゃないですか。

重要なのはこの動画を見ることができないという事実です。

xvideoの例文だと分かりにくいですが、

  • He was silly.
    ⇒彼はおばかさんだったよ。今は分からないけど
  • He has been silly.
    ⇒彼は昔からおばかさんだったよ。今もね

と考えると分かりやすいかも。

「was silly」だと今の彼はシニカルで歪んだユーモアを持った賢人、である可能性もでてきます。