野村證券の若生氏がTwitterで炎上?トランプ批判の経緯と反応まとめ!

野村證券のTwitter

野村證券の公式ツイッターが炎上気味です。

というのも、ストラテジストの若生氏がトランプ大統領を批判するツイートをしたから

しかし、そこまで炎上するほどのものではないようにも見えます。

  • なぜ野村證券のツイッターが炎上したのか
  • ネット上ではどういった反応なのか

を簡潔にまとめています。

野村證券のツイッターが炎上する経緯

①トランプ大統領を批判するツイートを投稿

野村證券のツイッター

出典:Twitter

4月15日の午前7時48分に上記のようなツイートが投稿されました。

トランプ大統領を批判する内容で、

  • WHOへの資金拠出停止してる場合か?
  • 国民のガス抜き目的なら感染拡大防止後にしよう

ということ。

ドナルド・トランプ

トランプ大統領は4月14日に、

WHOは中国寄りで不適切な発言をしている

と見解を示してWHOへの資金拠出停止を支持。

WHOのテドロス事務局長

かねてからWHOは無能扱いされており(特にトップのテドロス氏)、

  • 最初は「騒ぎすぎるな」と言っていた
  • 中国に忖度をしすぎ
    ⇒風刺画を描かれたり世界中からバッシング
  • テドロス氏の解任を求める署名ページが作成される
    ⇒世界から100万近い署名が集まっている

などWHOは世界中からボロカス言われており、トランプ大統領もお怒りの様子。

 

②野村證券のツイートが炎上

野村證券のアカウントでは、時々個人の書き込みが行われますが「現状の分析」がメイン。

今回の若生氏のように「個人的な思想を述べる」というのは異例です。

特に野村證券をフォローしている人はリテラシーが比較的高く、

おいおい野村證券の公式アカウントでこんなこと呟いて大丈夫か?

となり少しずつ延焼している状況です。

 

野村證券のツイートに対するネットの反応

ネットの反応は基本的に「それは若生氏の意見ではなく野村證券としての見解?」と危惧したり、リスク管理に警鐘を鳴らすものが多いです。

どう思おうと勝手だけど、公式アカウントでやっちゃいかんでしょ。」という空気感です。

①野村證券は中国寄りか?

 

②私見は個人のアカウントでやってくれ