金与正の性格がドS過ぎてヤバイ!過去の怖い粛清エピソードまとめ!

金与正

北朝鮮の次期総書記と言われる、金正恩総書記の妹である金与正(キム・ヨジュン)氏。

金与正氏は性格が『怖い』『冷酷』と言われています。

しかし、昔は韓国の政府側から「めっちゃいい人」的な評価を受けていました。

蓋を開けてみると‥という感じですね。

ということで、金与正氏の性格を表すエピソードをお伝えします。

金与正は性格がドSすぎる

金与正

金与正(キム・ヨジョン)氏は金正恩総書記の妹で、後継者と言われています。

金正恩総書記は粛清しまくっていましたが、金与正氏もその跡を継ぐのか。

ネット上では、

  • 冷酷
  • 感情的になりやすい

など性格が悪いと言われています

それもそのはず。

軍事訓練の中断を求めた韓国に対してボロカスに批判

したことで「なんかヤバそう」みたいな雰囲気が流れ始めました

そもそも性格がいい人が北朝鮮の最高指導者になるのか、という点は疑問ですが。

韓国政府をボロカスに批判

金与正

最初の項目で軽く触れた「軍事訓練の中断を求めた韓国をボロクソに批判した」というエピソードです。

2020年3月2日に北朝鮮は軍事訓練を行いました。

その一環で近海に2発のミサイルをぶっ放しました。

それに対して青瓦台(韓国の官邸)が強い遺憾の意を示し、訓練の中断を求めました。

それに対して金与正氏は韓国をボロクソに批判しました。

  • 国の防衛のために存在する軍隊にとって訓練は主な事業であり、自衛的行動だ
  • 非論理的で低能な思考
  • 行動と態度が三歳の子ども
  • 怖気づいた犬ほど騒々しく吠える

出典:Yahooニュース

などなど、これでもかと言わんばかりに韓国政府をボロカスにこき下ろします。

韓国は「金与正めっちゃいい人」という印象だったので、

この女ヤベえ

という風潮が広まったのですが、「次期後継者としてやる時はやる」ことを国内に見せつけるためとも考えられます。

 

金与正が上司を粛清??

金正恩総書記

金与正氏は上司だった人物を北朝鮮的な『教育』に処したという噂があります。

  • 87歳を革命化教育へ
  • 81歳を革命化教育へ
  • 62歳を農場で強制労働

という刑に処したという噂があります。

革命化教育とは二度と出られない刑務所のようなもの

人間的な扱いも受けられず、僅かな食事で仕事をさせられ続けるそうです。

普通の人の感覚なら冷酷そのものですが‥北朝鮮の上層部なら普通の対応なのかもしれません。

 

中国に頭を下げるが韓国に頭は下げない

これは性格が悪いエピソードとは少し違いますが「金与正やるなあ。」という話です。

金与正とムンジェイン

中国の習近平主席には頭を下げているものの‥

金与正と習近平

韓国のムンジェイン大統領には頭を下げない金与正氏

北朝鮮と韓国はなんとも言えない関係ですが、

韓国には頭を下げるつもりはない、という外交上の意思表示でしょうか。

金与正はかつて優しい性格と言われていた!

①韓国の政治家がべた褒め

金与正を褒めた人

金与正氏を褒めた人

金与正(キム・ヨジョン)氏は韓国から「素晴らしい人だった」と評価を受けています。

金与正氏が2018年の平昌オリンピックの際に韓国を訪れた時、韓国側は

  • 一緒にいてとても楽な気持ちになった
  • 常に笑顔だった

と評しました。

「睡眠時、朝食時間を除き、ほぼ24時間一緒にいた」という。そして、そこで接した金与正氏について「こちらをとても楽な気持ちにさせてくれた」とし、「非常に重要な時期に重要な責務を負って(韓国に)来て、用心深くなったりつらかったりしたはずなのに、そんなそぶりは見せず常に笑顔で接していた」

引用:デイリーNK

韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は金与正氏をべた褒め

ムンジェイン政権は北朝鮮寄りなのでリップサービスかもしれませんが、これ以上にないほど褒め称えました。

 

②ミスをした部下にも優しい

金与正

金与正氏は、ミスをした部下に寛大?な対処を見せたことがあります

2019年に金日成氏の記念行事が行われました。

北朝鮮にとって金日成氏は神のような存在です。

しかし、弔花の花かごの中を発泡スチロールでかさ増ししていたんです。

どうやら生花の調達が難しかったようで、発泡スチロールで代用していたんです。

金正恩総書記

金正恩総書記なら粛清していたでしょうが、金与正は『警告』『厳重警告』『左遷』で済ませたとか。

金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が最近、複数の幹部に無慈悲な処罰を下す事件があったという。

引用:Yahooニュース

と「無慈悲な処罰を下す」と表現はされているものの、

金正恩総書記と比べればマシ

な対応ではあったんですね。

 

金与正がミサイル発射を指示した?

金正恩総書記

2020年4月に金正恩総書記が『重体』『亡くなった』などと報道されています。

少なくとも手術を行った可能性は高く、韓国メディアでも「術後の容態は良好」と言われていました。

しかし、2020年4月14日の早朝にミサイルの発射実験を決行

金正恩総書記

「今それどころじゃない」

金正恩は手術前後でミサイル発射の指示をしたのか?

という疑問が生まれます。

おまけに、世界が危機的状況にある中でのミサイル発射。

このミサイル発射の指示は金与正氏が出したという説があります

  • 政権交代が近いので世界に印象づけるため
  • 国内で「やる時はやる」という姿を見せるため

など理由はいくつか考察されています。

真相は不明ですが金与正氏が指示を出したと仮定するとしっくりきます。

後継者として動き出したのかもしれませんね。