鈴木光の親の実家は超金持ち?自宅が豪邸で玄関の絵画が高そうw

鈴木光

鈴木光さんの教養やテレビで流れた自宅を見ると、実家はかなりお金持ちのようです。

親の職業は一体何なのでしょうか。一説によると、昔は家に医療用器具があったことから医者ではないかと言われています。

医者、特に開業医であればお金持ちっぷりにも説明がつきますね。

ということで、鈴木光さんの親の職業やお金持ちっぷりが分かるエピソードの特集をします。

鈴木光の親がお金持ちっぽいエピソード

鈴木光さんの親は超お金持ちのようです。

ではなぜお金持ちなのか、見ていきましょう。

①インターナショナルスクールに通っていた

鈴木光

姉と一緒にインターナショナルスクールの幼稚園に通っていたんです。

引用:プレジデント

鈴木光さんは幼稚園の頃にインターナショナルスクールに通っていました

インターナショナルスクールとは在日の外国人のための学校です。

ただ、グローバルな教育をさせたいという方針で日本人の子供が通うことも増えました。

このインターナショナルスクールは結構学費が高いんです。

年間の学費を見てみると、

  • 私立幼稚園:約50万円
  • 国公立幼稚園:約20万円
  • インターナショナルスクール:約100万~200万

インターナショナルスクールの学費は桁が違います

学費はまちまちですが、金持ちでなければ敬遠してしまいそうです。

 

②習い事の多さ

鈴木光

鈴木光さんは子供の頃に数多くの習い事をしていました。

  1. 書道
  2. スイミング
  3. ピアノ
  4. 英語

など、よりどりみどり。

東大王でも無音では弾かれているピアノの曲を、指の運びだけでベートーヴェンの『悲愴』だと当てるシーンもありました

『悲愴』は初心者が弾ける曲ではなく、指の運びで悲愴と分かるには長いことピアノを習い続けていた可能性が高いでしょう。

とはいえ、最もお金持ち感があるのは鈴木光さんの自宅マンションでしょう。

次の項目ではどんな自宅なのかを見ていきましょう。

鈴木光の自宅マンションが豪邸!

鈴木光さんの自宅マンションは普通ではありません。

早速どんな自宅なのか見ていきましょう。

①玄関の佇まいが違う

鈴木光の自宅マンション

鈴木光さんの自宅は都内の一等地にある高級マンション

一等地のマンションとなれば家賃換算で月額50万円以上は固いライン。

それだけでなく玄関の佇まいが高級木材のような質感。

普通のマンションではありません。

 

②部屋の数が多い

鈴木光の自宅マンション

鈴木光さんの自宅マンションは部屋の数も多いです。

4LDKくらいでしょうか。父・母・姉・鈴木光さんの部屋と考えればそれくらいになりそう。

都心の一等地のマンションでこれだけ部屋があれば相当お高いでしょう。

 

③自宅に絵画が飾ってある

鈴木光の自宅マンション

鈴木光さんのマンションの入口には絵画が飾ってあります

玄関の絵はクリムトの『接吻』という作品。

本物であれば100億円以上の値がついてもおかしくない作品です。

クリムトの接吻

クリムトの接吻

オリジナルの絵はコレですね。

また、リビングにも絵画が飾ってあります

鈴木光の自宅マンション

何の絵画なのか不明ですが、知性と財力を感じる自宅ですね。

ただし、鈴木光さんはお金をかけない生活を心がけており、1ヶ月の食費が1万円だと語ったこともあります。

鈴木光の親の職業は医者?

鈴木光

親の職業は公表されていませんが医者ではないかと言われています。

なぜなら、自宅には解剖ばさみやメスっぽいものなどがあったからですね。

鈴木光

2019年1月2日に放送された『今どき親子の事件簿』では、子供の頃の教育について語るシーンがありました。

鈴木光さんが子供の頃に「スーパーで買った魚を解剖させてもらえた」と語ったんです。

解剖に使ったのはなぜか家にあった『解剖ばさみ』や『メスっぽいもの』。

親が医者なので手術用の道具を自宅に持ち込んでいたのかもしれません。