仲間由紀恵の若い頃がかわいすぎ!卒アルの画像はまるで天使!

仲間由紀恵

仲間由紀恵さんは変わらぬ美貌が大きな魅力。

中学生の頃から芸能活動を始めましたが、昔からとてつもなくかわいいんです。

特に中学の卒アルの画像はまるで天使のよう。

現代でも十分通用するかわいさで、学年に1人いるかいないかという感じでしょう。

もちろん20代の仲間由紀恵さんも非常に美しい。

ということで、今回は仲間由紀恵さんの若い頃について特集をします。


仲間由紀恵の卒アルが天使!

中学の卒アル

仲間由紀恵の卒アル

こちらが仲間由紀恵さんの中学の卒アルと言われている画像です。

控えめに言っても天使のようにかわいい。とにかくかわいい。

何が凄いって仲間由紀恵さんが中学を卒業されたのは1990年代半ばのことです。

当時の写真を見ると「平成初期で時代を感じるな~」と言いたくなるもの。

2020年現在でも十分通用するかわいさです。

吹奏楽部

仲間由紀恵さんは中学時代は吹奏楽部と放送委員会に所属していました。

そして、中学2年生の時に事務所に所属して芸能人としての第一歩を踏み出します。

中学3年生の時には沖縄のローカルドラマ『青い夏』でデビュー。

青い夏は現存する資料が非常に少なく、謎に包まれたドラマとなっています。

高校の卒アル

仲間由紀恵の卒アル

こちらが仲間由紀恵さんの高校の卒アルと言われている画像です。

中学の時と比べるとちょっと別人感がありますが、目元は面影があります。

髪型はごくせんのヤンクミスタイルですね。

卒業された高校は日出女子高校(現在の目黒日本大学高校)です。

芸能人ご用達の高校であり、数多くの有名人が通っていた高校ですね。

例えば、北乃きいさんやキスマイの千賀健永さんも日出高校を卒業されています。

 

仲間由紀恵の若い頃①:高校生

仲間由紀恵の若い頃

こちらは16歳の仲間由紀恵さんです。

ちょっと時代を感じる画像ではありますが、顔が整いすぎていてヤバイです。

1996年の年明けに放送された『世にも奇妙な物語』に出演されて、全国デビュー間もない頃ですね。

仲間由紀恵の若い頃

こちらは制服を着ているバリバリJKの仲間由紀恵さん。

遠目に見ると石原さとみさんっぽくもあります。

制服を着ているとガチ感が漂いますね。

ちなみに、仲間由紀恵さんは高校生の時にギャルゲーの主題歌を歌っていたことがあります。

1996年にPSで発売された『トゥルーラブストーリー』というゲームで、主題歌の名前は「トゥルー・ラブストーリー〜恋のように僕たちは〜」と結構長いです。

コアなゲームのファン&コアな仲間由紀恵さんのファンのみが知る、秘匿された歴史の1ページです。

 

仲間由紀恵の若い頃②:20代

20代前半

仲間由紀恵の若い頃

こちらは2002年に放送されていた『ごくせん』に出演した仲間由紀恵さん。

20代前半の頃ですね。ごくせん登場時は基本的に芋い見た目をしていますが‥

仲間由紀恵の若い頃

本気を出すとくっそ美人です。20代前半とは思えないほどの美しさ

昔から髪型はセンター分けであり、そのスタイルは若い頃から確立されていました。

髪型や眼鏡の有る無しで見た目の印象はガッツリ変わる例でもありますね。

 

20代後半

仲間由紀恵の若い頃

これは20代後半の仲間由紀恵さん。

2007年に『ひまわり〜夏目雅子27年の生涯と母の愛〜』 という単発ドラマの主演を務めた時の画像です。

この画像のレアな点は仲間由紀恵さんに前髪があること

多くの作品でセンター分けで出演されているため、前髪がある仲間由紀恵さんはかなりレアです。

仲間由紀恵の若い頃

また、帽子&白いワンピースでかわいさが強調されています。

クールビューティーなイメージの強い仲間由紀恵さんなので、本当にレアです。

仲間由紀恵の若い頃③:30代

仲間由紀恵の若い頃

2009年に放送された大河ドラマ『寧々~おんな太閤記~』で寧々役を演じた仲間由紀恵さん。

ちょうど30歳の時ですね。放送序盤は29歳の時に収録されたものでしょう。

10年前と比べても美貌は全く衰えることはありません。

髪型はもちろんセンター分け。

仲間由紀恵の若い頃

仲間由紀恵の若い頃

こちらの2枚は2013年に放送された『サキ』というドラマの主演をした時。

ちょうと仲間由紀恵さんが30代半ばの頃です。本当に歳をとっても見た目が変わらない。

 

仲間由紀恵の現在の姿

2020年現在の仲間由紀恵

こちらは2020年現在の仲間由紀恵さんのお姿です。40歳ですね。

若い頃はかわいいではなく、若い頃もかわいいが正しい言葉の使い方でしょう。

若い頃から変わらない美しさを保たれています。

2020年現在の仲間由紀恵

ここまで変わらないのは驚きとしか言いようがありません。

子供の参観日に来た日には羨望の眼差しが向けられること間違いなし。

奇跡と言っても過言ではありませんね。