大和田常務が半沢直樹の味方に?恩返しや伊佐山の寝返りが伏線!

大和田常務

2020年にスタートした半沢直樹の2期では「大和田常務が味方になるのでは?」と予想されています。

謎の「恩返し」発言も気になるところですが、腹心の伊佐山があっさりと寝返りました。

これにはまるで劇場版カイジの利根川のようだ、という声もあります。

ということで、今回は大和田常務が味方になるのか考察をしていきます。

※半沢直樹2期の大和田は乗務ではないですが便宜上大和田常務と記しています。




大和田常務が半沢直樹の味方に?

大和田常務

2020年から放送された半沢直樹の続編では、大和田常務が登場します。

第一期では半沢直樹最大の敵として立ちはだかった大和田常務

しかし、大和田常務の行く末には暗雲が立ち込めます。

第一話から「転落していく人」として描かれていました。

伊佐山

大和田常務の腹心の部下である伊佐山が鞍替えをしたんですね。

この展開があったので、敵の敵は味方理論で大和田常務が半沢直樹の味方になるのではないかと言われています。

大和田常務が半沢直樹の味方になる3つの理由

半沢直樹の相関図

まず、頭に入れておきたいのは3つの派閥です。

では、早速大和田常務が半沢直樹の味方になるであろう根拠をご紹介します。

①伊佐山が大和田常務を見限った

伊佐山

最大の根拠は半沢直樹最大の敵である伊佐山が大和田常務の敵になるからです。

伊佐山は大和田乗務の派閥に属していたものの、副頭取の三笠派に乗り換えます。

スパイラル買収の件では「大和田には一切話をせず」に副頭取に寝返った伊佐山。

伊佐山は大和田常務のメンツを完全に潰しにかかりました

大和田常務

大和田常務もこれには黙っていないはず。

1期では半沢直樹に土下座までさせられたものの、

敵を潰すために共闘するのでは?

と視聴者の間ではもちきりです。

 

②意味深な「恩返しです。」

恩返しをする大和田常務

2期で飛び出した名言が、

施されたら施し返す。恩返しです!

という名言。これを言ったのは大和田常務です。

大和田常務が頭取に言った言葉なので、敵対する伊佐山派を潰すことで恩返しとするのか。

となると、伊佐山派と敵対している半沢直樹と共闘するのか。

という考え方をすることができます。

 

③倒した敵が味方になる理論

大和田常務

少年漫画でありがちなので「倒した敵が味方になる」というパターンです。

ドラゴンボールのベジータがその代表ですね。

1期では徹底抗戦した大和田常務ですが、

2期でまた敵に回るの???

ということもあります。

倒した敵がまた復活して敵になる、という展開はあまり見かけません。

噛ませ犬が後々パワーアップして復活することはありますが。

原作でのその後の大和田常務のネタバレ

ロスジェネの逆襲

半沢直樹は原作がありますので、普通に考えれば原作のネタバレを調べれば味方になるのかが分かります

しかし、原作のロスジェネの逆襲パートでは大和田常務が登場しません

スパイラル買収編で大和田常務が登場するのはドラマのオリジナル展開です。

大和田常務

恐らくですが、大和田常務があまりにも人気すぎたのでドラマでは登場してきたのでしょう。

大量のコラ画像が作成された経緯もあって、半沢直樹の視聴者でない人も大和田常務の名前を知っている人は多いです。

大和田常務の登場は多くの人が喜んだはず。

 

大和田常務が味方になることを予感する声

伊佐山が大和田常務のメンツを潰した上で、副頭取に寝返りました。

視聴者の多くが「味方になるのでは?」と 感じています。

カイジでは利根川を熱演した香川照之さん。どことなく大和田常務とキャラがかぶります。

劇場版ではカイジの味方になったことがあり、利根川のように半沢直樹の味方になることを期待する声も。