キッズラインの登録者買収はガセ?怪しい点と炎上の経緯まとめ

キッズライン

キッズラインというYoutuberが登録者数を1000万人を突破。

日本のYoutuberが1000万人を突破するのは日本初の快挙です。

しかし、登録者数を買収しているというSNS上では疑惑が浮上しました。

買収するにしては数が莫大すぎますが、妙な点もいくつか存在します。

今回はキッズラインの登録者数買収疑惑について特集をします。



キッズラインが登録者1000万人超え

「キッズライン♡Kids Line」が日本で初の登録者1,000万の突破を果たしました。

2020年8月9日にはライブドアニュースでも紹介される快挙。

  • ヒカキン(862万人
  • はじめしゃちょー(877万人

※2020年8月9日時点

ですら未踏の領域なんですね。

しかし、ネットで噂されているのが登録者買収疑惑です。

  1. 不自然な点がいくつかあること
  2. 怪しい画像がSNS上で拡散されていること

の2点が発端となっています。次はその詳細を見ていきましょう。

キッズラインに登録者買収の噂が立つ発端

①謎のアナリティクス画面が出回る

キッズライン

出典:Twitter

1000万登録者を超える1ヶ月前の登録者が93万人という画像が出回っています

画像が本物かは不明ですが、そうなると1ヶ月間に900万人がチャンネル登録をした計算に。

自然に膨大な登録者が増えるのは考えにくいですね。

しかし、買収するにしても900万人は数が多すぎて不自然ではあります。

 

②登録者に対して再生回数が少なすぎる

キッズライン

登録者数に対して再生回数が少なすぎる

というのも買収を疑われている原因です。

1000万人突破報告前後の動画の再生回数は軒並み10万以下

1ヶ月前の動画は数万~数十万とムラがありますが。

※過去には1億再生を超えた動画が存在します

ヒカキン

ちなみに、ヒカキンさんやじめしゃちょーは100万再生を超えるのがスタンダード。

  • キッズラインの動画投稿頻度が多い(1日3投稿など)
  • 公開して日が浅い動画は再生回数が少ない

にしても登録者数からすると動画再生回数は少なめです。

 

③Twitterのフォロワーが少なすぎる

キッズラインの公式Twitter

2020年8月9日時点

キッズラインの公式Twitterのフォロワー数は2,100人とちょっとです。

それに対してヒカキンさんとはじめしゃちょーのフォロワー数は以下の通り。

ヒカキンの公式Twitter

2020年8月9日時点

はじめしゃちょーの公式Twitter

2020年8月9日時点

登録者数に対してフォロワー数が少なすぎるのでは?

と考える人は多いです。

とはいえ、視聴者層の大半がキッズのチャンネルです。

キッズは規約でTwitterの登録ができないので一応説明がつきます。

※規約では13歳以上でないと利用不可

 

④登録者数が非公開

キッズラインの登録者数は非公開です。

「登録者数にはこだわっていない」ことが非公開の理由のようですが。

公開したほうが批判が少なくなるのは間違いないようです。

900万人を買収するには◯億円が必要!?

Youtube

「登録者数買収疑惑」とは言っても900万人の買収は規模がエゲツないです。

莫大な数の登録者数を購入するといくらになるのでしょうか?

※登録者の買収はYoutubeポリシー違反の可能性大

ネット上には登録者数購入サービスが存在します。

とあるサイトでは1,000人の買収で¥12,800というものがありますね。

Youtubeの収益化には登録者が1000人必要なので、その需要を見越したものでしょう

ドル紙幣

仮にこのサービスを利用して900万人を購入するといくらになるのかと言うと‥

そのお値段は【¥115,200,000】です。

ただし、当該のサービスは900万人の登録者には対応していないでしょう。

そもそも900万人もの登録者を買収できるサービスが存在するのか?

あまりにも多すぎる登録者の買収は現実味が感じられません

  • 900万人の買収は規模が大きすぎる
  • 仮に存在しても億単位の投資が想定される

ことを考えられると、キッズラインが900万人の登録者を買収するのは困難だと思われます。

仮に登録者を買収するのであればダークウェブでも利用しないと不可能では?

 

キッズラインが登録者買収をしていない最大の根拠

Youtubeのダイヤモンド盾

  • ダイヤモンド盾(1000万超え)はYoutube側が審査をする
  • 登録者を水増ししたチャンネルは弾かれる

登録者数が1000万人を超えるとYoutubeからダイヤモンドの盾が贈呈されます。

チャンネルは表彰前に審査され、著作権侵害の警告、コミュニティ ガイドライン違反、チャンネル登録者数の水増しなどがなく、アカウントが良好な状態に保たれているクリエイターのみが表彰の対象となります。

引用:Youtube Creaters

登録者数が1000万人を超えると自動的に表彰されるわけではありません。

事前にルールに則っているかの審査があります。

そのなかには「登録者の水増し」の審査が存在しています。

莫大な数を水増しした場合は盾の受賞は不可能でしょう。