ケインコスギの現在は?ゲーム実況&突破ファイルで大活躍中だった!

ケインコスギ

SASUKEとファイトいっぱつで有名になったケインコスギさん。

いつの間にかテレビで姿を見る機会が激減しました。

現在はゲーム実況者としてゲームをやりまくっているんですね。

バラエティ番組『突破ファイル』やハリウッド映画でも活躍していますが‥

Twitterのつぶやきの半分はゲームに関すること。かなりハマっています。

ということで、ケインコスギさんの現在について特集をします。



ケインコスギは現在も大活躍

ケインコスギさんは表舞台に出る場所を変えて現在も大活躍中です。

主な活動は、

  1. ゲーム実況
  2. バラエティで主演
  3. ハリウッド

の3本立て。

一番以外なのはゲーム実況ではないかと思います。

肉体派で知られるケインコスギさんは「eスポーツは絶対にスポーツだ!」と言う程ゲームに対しての造詣が深いんです。

もちろんバラエティやハリウッドでは現役のアクションシーンを見せてくれます。

しかし、椅子に座って粛々とゲームをするケインコスギさんも本当の姿の1つ。

ゲーム実況者として大活躍

①2018年からゲーム実況を開始

ツイッチ

ケインコスギさんは2018年3月からTwitchでゲーム配信を開始しました。

Twitchとは?
Amazonが提供するゲーム配信に特化したプラットフォーム。

Youtubeとは違って遅延が少なく、日本よりも海外で有名なプラットフォームですね。

Twitchで配信を始めたゲームは『LoL』ことリーグ・オブ・レジェンドです。

LoLはガチのプロゲーマーが集うことでも有名で、海外では爆発的な人気があります。

リーグ・オブ・レジェンド

なぜなら、動くお金の額が桁違いだから。

  • 2018年の大会の1位賞金は約2億6千万円
  • 競技人口が7000万人(2016年時点)
  • アマチュアの大会でも賞金総額数百万円

と規模がものすごいんですね。

ケインコスギさんはLoLで賞金を稼ぐスタイルではないのですが、配信を含めた活動で一部収入を得ているようです。

  • 元々ゲーム実況を始めた理由は
  • オンラインで友達を増やしたい
  • ゲームがうまくなりたい

1番の目的はゲームを楽しむこと

なので、稼ぎにこだわってゲームをやっているわけではなさそう。

2019年にラスベガスで行われた大会「LOL All Star2019」ではパーソナリティを務めました。

プレイヤーとしてだけでなく提供側としてのお仕事もありますね。

上記の動画はケインコスギさんがランク昇格戦に勝利をした動画です。

あまりの嬉しさに涙を流す姿を見ることが出来る非常に貴重な映像。

跳び箱で世界記録を出しても泣かなかった男が、ゲームの昇格戦で涙を流す瞬間はレアです。

 

②Mildomでの配信を開始

2020年5月から『Mildom』というプラットフォームでのゲーム実況を開始。

LoLは引き続きプレイしていますが、

  • APEX(FPS)
  • Fall Guys!

 

また、2020年7月には『じゃんたま』の配信を行いファンの笑いを誘いました

まさかケインコスギさんがじゃんたまを配信する日が来るとは、誰も思わなかったでしょう。

「THE突破ファイル」で肉体はポリスマンとして大活躍

ケインコスギさんはレギュラー出演している番組が『THE突破ファイル』です。

番組内の「出動!アメリカンポリス」でバリバリのアクションをこなしています

出動!アメリカンポリス
実際にアメリカで起きた事件を再現するミニドラマ。随所に散りばめられたギャグとケインコスギのアクションが魅力。

人気番組の人気コーナーの主演なので、テレビ好きの方にとってはおなじみですね。

「出動!アメリカンポリス」では体をはっており、

  • 走る車の屋根の上にしがみつく
  • 飛び後ろ回し蹴りをかます
  • 華麗なバック転

などなどSASUKE全盛期から見劣りしないアクションを披露しています。

 

ケインコスギはハリウッドで映画に出演中?

ハリウッド映画

日本ではゲーム実況やアメリカンポリスな姿を見ることができます。

しかし、現在のケインコスギさんの活躍の主な舞台はハリウッドです。

  • Zero Tolerance(2015)
  • Terra Formars(2016)
  • Heaven Inspector(2017)
  • MAXX(2020)
  • One Night in Bangkok(2020) 

などの映画に出演していて、未だに主演をはることもあります。

ケインコスギさんはすでに40代ですが「今が全盛期」と言っています。

40代に突入しても、20代の自分に負けたくないですから、ベンチプレスをやるにしても20代の頃にあげることが出来たマックスよりも落とさないようにしたり(笑)

引用:ORICON NEWS

「20代の頃に負けたくない」という負けず嫌いな性格が現れていますね。

もちろんスクリーンで活躍するケインコスギさんを見れば、20代の頃より衰えたという感想は出てきません。