石垣のりこが安倍総理の病気をディスって党内からも批判殺到w

石垣のりこ

2020年8月28日に安倍総理が潰瘍性大腸炎という病気を理由に総理の辞任を発表。

その中で立憲民主党の議員である石垣のりこさんの品位にかける発言が炎上しました。

「また立憲か」という声が出るのですが、あまりの発言の酷さから党内からも批判が殺到!

ということで、今回は石垣のりこさんの思慮に欠ける発言とその反応を見てみましょう。

石垣のりこが安倍総理の病気をディスって炎上

石垣のりこ

石垣のりこさんの問題となったツイートはこちらです。

文章の中の「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」という点が問題となっています。

特に病気を「癖」と発言したことがまずいんですね。

特に安倍総理の潰瘍性大腸炎は難病にも指定されている病気です。

案の定大炎上したため追ってコメントを出しましたが‥

言い訳をするようなコメントを出したため余計に炎上してしまいます。

党内は静観するのかと思いきや、意外なことが起きました。

立憲民主党内からも石垣のりこの発言に批判が飛ぶ

①議員たちから批判の声

立憲民主党内部からも発言に対して批判が飛んでいます。

やぶはら太郎さんという武蔵の市議会議員の発言です。

立憲民主党岩手県連合の幹事長の中村ゆきこさんも声をあげます。

議員の方ではありませんが内部から指摘があるのはいいことです。

渋谷区議会議員のはるた学さんも疑問の声を上げています。

党内からも批判があり石垣のりこさん個人の問題では済まないでしょう。

②支持者からも疑問の声が

立憲民主党の支持者からも疑問の声が上がります。

声を上げたことでやぶはら太郎さんは高く評価をされています。

支援者からも批判が殺到しています。

立憲民主党の枝野幸男代表も頭を抱えているか

枝野幸男代表は体調を気遣うコメントを残しました

また、立憲民主党の幹事長である福山哲郎さんも上記のコメントを残しました

党代表や幹部からするとトンデモ発言をしてしまった石垣のりこさんに対して、頭を悩ませていることでしょう。