菅義偉の若い頃の秘蔵写真がコレ!苦学生な生い立ちも気になる!

若い頃の菅義偉

菅義偉(すがよしひで)さんが若い頃は苦学生でした。

秋田県に農家の長男として生まれています。

生い立ちは波乱万丈で高卒で突如家を飛び出す形で上京。

上京して就職した会社を辞めた後に大学に進み、自力で生活費と学費を稼いでいました。

その頃は全く政治に関心はなかったのですが、なぜ政治家を目指そうとしたのでしょうか。

ということで、今回は菅義偉さんの若い頃の生い立ちについて特集をします。

菅義偉が若い頃は農家の長男だった

秋田県雄勝町

菅義偉(すがよしひで)さんは1948年12月6日に秋田県の雄勝町に誕生しました。

家族構成は父・母・姉が2人・弟の6人家族です。

父がイチゴ農園を経営しているので、農家の長男として生まれたんですね。

安倍晋三

「安倍晋三氏」「石破茂氏」「河野太郎氏」「岸田文雄氏」「二階俊博氏」など自民党の有力人物は、政治家を親族に持つケースが多いです。

その中で農家の長男という経歴は異色と言えるでしょう。

また若い頃の生い立ちも政治家とは無縁の感じでした。

菅さんの若い頃の写真

若い頃の菅さん

  • 高校卒業後は教師や農家になるのが嫌で上京
  • 上京後はダンボール工場に就職するも数ヶ月で退職
  • 退職後は仕事を掛け持ちして法政大学に進学
  • 法政大学卒業後は一般の会社に就職(後に農家を継ぐつもりだった)

菅義偉さん自身が「ノンポリだった」と語るほど若い頃は政治とは無縁だったんですね。

では、菅義偉さんの若い頃の生い立ちを1つ1つ見ていきましょう。

菅義偉の若い頃と苦学生?な生い立ちの物語

菅義偉さんが苦学生と言われることはありますが、実際に苦学生なのは大学進学後です。

それまでは経済的には貧しくない生活を送っていました。

では、大学進学後に何が起きていたのでしょうか。

①小学生時代は「冒険王」で人気者に?

笑顔がかわいい菅義偉

小学生時代の菅義偉さんは自然と人が集まってくるような人でした。

ガキ大将というのとはちょっと違う。女のコに声をかけられると真っ赤になる面もあって、けっして自分からは表に出ないんですが、自然と人が集まってくるんです。

引用:Smart FLASH

小学生の事は女性に対する免疫は高くなかったようですね。かわいい一面があります。

さて、人が集まってくるのは人柄なのか。

もしくはレアな漫画雑誌を持っていたからかもしれません。

漫画を読みたい友だちが家の前で並んで待っていたのを覚えています。本が届くと、義偉君は友だちに封を開けさせて、先に読ませていました。たぶん自分自身は、夜に読んでいたのでしょうね

引用:Smart FLASH

菅義偉さんは友達に漫画の雑誌を読ませていたんですね。

冒険王

その漫画雑誌は「冒険王」と言います。

冒険王は1949年~1983年の間に発刊されていた月間の漫画雑誌です。

冒険王を買ってもらえる子供なんて、一学年に二~三人いるかどうか。当時はそんな時代でした。

引用:NEWS POSTSEVEN

学校でジャンプの回し読みをしている感覚ともちょっと違います。

冒険王を買ってもらえる子供は1学年に2~3人しかいないからですね。

豪華な漫画雑誌を読ませてくれる菅くん」として小学生時代は有名だったのかもしれません。

 

②野球少年として過ごした中学生時代

野球少年の菅義偉

中学生時代の菅義偉さんは野球少年でした。

野球部で1番サードのレギュラーを務めていたんですね。

義偉君はバットを投げ出すような変わった打撃フォームだった。先生にちゃんと構えて打つように言われても、自分はこっちのほうが振りやすいからと、けっして考えを曲げなかった。トップバッターで出塁率も4割近くあったから、結局、先生もあきらめて何も言わなくなりましたね

引用:Smart FLASH

かつての同級生いわく、菅義偉さんは変なフォームだったそうですね。

野球

先生からフォームを矯正されても考えを曲げず、結果を出していたので変なフォームを貫き通していました。

菅義偉さんは「意外と頑固」と言われることがあり、子供の頃から性格は変わっていないのかもしれません。

そのまま野球少年として3年間を過ごし、最も家から近い高校に進学します。

 

③影が薄かった高校生時代

県立湯沢高校

菅義偉さんは家から最も近い県立湯沢高校に進学しました。

当時の高校進学率は非常に低く中学生の同級生は120人くらいいたのですが、

  • 60人:就職
  • 30人:農家を継ぐ
  • 30人:高校に進学

という割合なので高校に進学した菅義偉さんはレアな存在です。

ただ、最も近いと言ってもなんと片道2時間もかかる高校に進学したため、野球部を続けることができませんでした。

由利まさし

同級生の由利まさし氏

「高校の同級生で義偉君のことを知っている者は少ない。彼が政治家になったとき、『菅ってどんな奴だ?』と聞いた奴が、卒業アルバムを見たら同じクラスだったというエピソードがあるくらいです。当時は、誰も彼がこんな大政治家になるなんて思ってなかった」(由利氏)

引用:Smart FLASH

高校に進学した菅義偉さんはあまり目立たない存在だったようです。

小学生の頃は自然と周りに人が集まるような人物でしたが、高校ではそうではなかったのかも。

それほど目立たなかったので大物政治家になると考える同級生はいませんでした。

④上京して就職後に法政大学へ進学

菅義偉の若い頃

菅義偉さんが高校を卒業した後は、家を飛び出すような形で上京しました。

農家を継ぐのも教師になるのも嫌だったので、「東京に行けば何かいいことがあるかも」と考えていたんです。

実は菅義偉さんの親族は農家なだけでなく教師も非常に多かったんですね。

  • 母:元教師
  • 叔父:元教師
  • 叔母:元教師
  • 2人の姉:高校の教師

と親族が教師だらけ。その反動で「教師にだけは絶対になりたくない」という思いがあったんです。

ダンボール

さて、上京後に就職したのは板橋区にあるダンボール工場でした。

しかし、一生此処で働くことも考えられず

やっぱり大学くらいは出たほうが良いんじゃないかなあ

と考え始めて工場を数ヶ月で退職しました。

築地

築地

朝は築地市場、夜は新宿の飲食店で働きながら受験勉強をする生活を2年も継続。

その結果、学費が最も安いという理由で法政大学の法学部へ進学します。

入学後も、ガードマンや新聞社の雑用、カレー屋などのアルバイトで生活費と学費を稼いだ。

引用:Smart FLASH

学費も生活費も自力で稼いでいたので入学後もバイト三昧です。

空手道部の菅義偉

出典:あゆみ

ただ、そんな菅義偉さんが大学時代に打ち込んでいたのが空手です。

1年生のときから空手道部に所属していた菅さんはこう語りました。

自分を厳しい状況に置きたかった。空手からは礼節や先輩、後輩の序列を学びました。そして我慢することを覚えた。練習はすごく厳しかったが、どんなにきついことも時間がくれば終わるということを知りました。

引用:Smart FLASH

空手道部の菅義偉

出典:あゆみ

ストイックな意気込みで空手道部に乗り込みましたが、上下関係が相当厳しかったようです。

下級生の頃は「なんでこんなに厳しいのか、理不尽なのか」と不満をいだいていました。

しかし、4年生になって初めてその意味を理解したようです。

稽古や上下関係の厳しさを通して、私たちは知らず知らずのうちに体だけでなく心も鍛えられていたのです。

引用:あゆみ

上級生になってからでないと分からないことがありました。

菅義偉が政治家を目指し始める時

①建電設備株式会社に就職

ケーネス

法政大学を卒業した菅義偉さんは建電設備株式会社(現在の株式会社ケーネス)に就職。

電気通信設備の保守会社ですね。

頭には農家を継ぐことがあって、とりあえずはどこかに就職しようというノリで関東の会社に務めたんです。

しかし、働いていく中で

政治が世の中を動かしているんだな

という思いが芽生え始めました。

菅義偉の若い頃

しかし、当時の菅義偉さんに政治家のツテは全くありません

そこで頼ったのは法政大学の就職課でした。

 

②政治の道を目指し始める

小此木彦三郎

小此木彦三郎

法政大学の就職課に駆け込んだらOBでの国会議員事務所を紹介されました。

小此木彦三郎(おこのぎひこさぶろう)元通産大臣の秘書として11年間働く生活の始まりです。

秘書を務めた後は、

  • 横浜市会議員
  • 衆議院議員
  • 官房長官

と地道にキャリアを積み重ねて今の地位にたどり着いたんですね。

秘書時代に結婚
菅義偉さんは秘書仲間の女性のお姉さんに一目惚れ。ビビッと来てアプローチを重ねて結婚に至りました。

 

菅義偉の若い頃に生い立ちに対する称賛の声

菅義偉さんの若い頃の生い立ちの話はグッとくるようです。

エリートコースのレールを自分で切り開いてきた「叩き上げの底力を見たい」という声が多いですね。

ドラマのようなストーリーが人を惹きつけるのはいつの時代も変わりません。