本並健治はハーフなの?若い頃の茶髪でモロ外国人な姿が衝撃的!

本並健治

本並健治(ほんなみ けんじ)さんはハーフっぽい見た目が特徴的です。

ハーフどころか「ラテン系の人」のようにも見えますね。

若い頃は今以上に茶髪だったので「浪速のイタリア人」「浪速のイタリアーノ」と呼ばれていました。

しかし、本並健治さんはハーフではありません

今回はめちゃくちゃハーフっぽい本並健治さんをご紹介していきます。

本並健治はハーフなの?

本並健治

本並健治さんの見た目はエスプレッソが効いていて、イタリアンな雰囲気があります。

そのため、帰化した外国人かハーフだと思う人が多いようです。

本並健治さんはハーフではありません

両親は日本人であり、イタリアンのDNAが入っているわけでもありません。

そのため、昔からファンの間では「浪速のイタリアーノ or 浪速のイタリア人」と呼ばれていたんですね。

「浪速」とついているのは生まれも育ちも大阪だからですね。

イタリアなのは見た目の彫りが深くてイタリア人っぽいから。

本並健治

  • 1964年6月23日に大阪枚方市で生まれる
  • 清風高校に進学(大阪の学校)
  • 大阪商業大学に進学
  • 松下電器産業サッカー部に入団

と20年以上大阪を拠点に活動しているコテコテの関西人。

松下電器産業サッカー部は後のガンバ大阪のことですね。

1997年にヴェルディ川崎に移籍するまで大阪に染まっています。

約30年間大阪と人生を共にした生粋の大阪の民です。

本並健治の若い頃は更にハーフ感マシマシ

本並健治

本並健治さんが若い頃は茶髪でした。

現在も若干茶髪ではありますが、若い頃は更に茶色がかっている時も。

ハーフっぽい見た目と茶髪が相まって今以上にハーフ感がマシマシ

チリチリのパーマも相まって助っ人外国人のようです。

「浪速のイタリア人」と呼ばれるくらいなので外国人だと思っていた人もいるとか

本並健治

それくらいイタリア人っぽい風貌なので、ネタとしていじられることがあります。

それに対して「コテコテの関西弁」でツッコミを入れる本並健治さんの姿が笑いを誘います。

 

本並健治の体格もハーフっぽい

本並健治

身長 186cm
体重 82kg

本並健治さんは顔の彫りが深くてハーフっぽいだけではありません。

身長は186cmもあり、体重は82kgもあるんです。

体格も日本人離れするほど恵まれています。

日本人男性の平均身長は約172cmなので非常に背が高い事がわかります。

ちなみに、東出昌大さんよりは3cmほど背が低いです。

本並健治とソックリなポルトガル人「ビトール・バイーア」

本並健治さんとソックリと言われていたポルトガル人がいます。

それは「ビトール・バイーア」というポルトガル代表のGKです。

①本並健治とビトール・バイーアが似てる

バイーアと本並健治

左側がビトール・バイーア選手。

右側が本並健治さんです。

髪型が違うので雰囲気は違いますが、2人を全く知らない人なら騙し通せそうです。

ちなみに、本並健治さんは「バイーアに似てる」とイジられることがあり本人はネタにしているそうです。

 

②ビトール・バイーアは有名なGKだった

ビトールバイーア

ビトール・バイーア選手はポルトガルの有名なGKです。

主に活躍していたのは1990年代で、当時のポルトガルは黄金時代を築いていました。

そのゴールデンメンバーの中にいたのがビトール・バイーア選手です。

2002年の日韓ワールドカップでもポルトガルのゴールを守っていたんですね。