黄皓の学歴まとめ!大学は早稲田で高校も偏差値が高くて頭いい?

黄皓(こうこう)

バチェロレッテの黄皓(こうこう)さんこと黄さんは名前の通り中国の血を引いています。

しかし、長年日本に住んでいるので日本語はペラッペラで日本の学校に通っていたんですね。

大学は早稲田大学で高校も都内の進学校でした。実業家なだけあってかなり頭がいいんです。

ということで、今回は黄皓さんの学歴について特集をします。

黄皓の学歴まとめ(おまけ付き)

黄皓

黄皓(こうこう)さんの学歴は以下の通りです。

2018年4月~ RILISIST㈱を設立
2018年4月 上海TCLの社長に就任
2016年4月 上海TCLに入社
2010年4月? 三菱商事に入社
2010年3月? 早稲田大学商学部卒
(偏差値)
2007年3月? 私立錦城高校卒
(偏差値)

大学を卒業後の経歴もなかなかの凄いものですね。

現在は実業家としてバリバリ活躍されています。

実業家としての黄皓さんの活躍ぶりについては下記の記事を御覧ください。

黄皓の出身大学は「早稲田大学商学部」

早稲田大学商学部

黄皓さんの出身大学は早稲田大学の商学部卒です。

2007年4月入学だとすれば偏差値は64前後です。

皆さんご存知ですが日本の私立大学のトップは「慶應大学」と「早稲田大学」の2つです。

そのトップに並び立つ大学の1つを卒業されているんですね。

早稲田大学商学部卒の有名な方の一部をご紹介します。

  • 石本沙織(アナウンサー)
  • 馬場典子(アナウンサー)
  • やくみつる(コメンテーター)
  • 竹下登(元総理大臣)

竹下登

元総理の竹下登さん(ウィッシュのDAIGOさんの祖父)は黄皓さんの大先輩です。

ちなみに、早稲田大学を卒業後は天下の三菱商事に入社されています。

8年間働かれた後は三菱商事に就職されています。

社会人、実業家としての黄皓さんについては下記の記事を御覧ください。

黄皓の出身高校は「私立錦城高校」

錦城高校

出身高校は私立錦城(きんじょう)高等学校です。

東京都の小平市という場所にある高校ですね。埼玉県の所沢の近くです。

偏差値は66-70みんなの高校情報より)と進学校といわれるカテゴリーに属しています。

入学したのは2004年の可能性が高く当時の偏差値は不明ですが、昔からの進学校ですね。

元々は男子校でしたが1997年から共学化されて、全校生徒の数は1500人近い超マンモス校です。

また合格者の実績はなかなかのものです。

【2020年度合格実績】
一橋大学 2人
北海道大学 2人
筑波大学 2人
横浜国立大学 3人
早稲田大学 29人
慶應大学 13人
上智大学 14人

分母が多いとは言え上位大学に多数の合格者を輩出しています。

その他の合格者はMARCHや日東駒専に集中していますね

ちなみに、東京都千代田区にある錦城学園高校は姉妹校で兵庫県の錦城高校とは全くの別物です。

黄皓の出身中学は「中国の中学」

長沙市

黄皓さんが日本にやってきたのは中学卒業後です。

つまり、中国の中学校を卒業されているんですね。

中国の中でも湖南省長沙市という場所に住んでいました。

人口が700万人近い大都市ですね。

中国の内陸部にある都市ですが、非常に大きな町です。

 

卒業後の黄皓の実業家としての経歴

バチェロレッテのこうこうさん

前述しましたが早稲田大学を卒業後の黄皓さんは三菱商事に入社されています。

6年ほど三菱商事で働かれた後は、父親の上海TCLという貿易・物流の会社に入社します。

入社してから2年ほど修行を積んで父親の会社の社長に就任します。

それから日本ではサロンの経営に乗り出しており、現在も順調にビジネスを展開されています。

社会情勢の影響もありますが、求人募集をするほど業績は好調なのかも?