杉田陽平の家族構成まとめ!父親は会社員で姉は美人の人妻?

杉田陽平の家族

杉田陽平の家族構成は「父・母・姉」です。

杉田陽平さんは東京都内に住んでおり、実家は三重県の鈴鹿市のよう。

毎年正月になると帰省していることをブログで綴っていますね。

杉田陽平さんは売れっ子画家ですが、父親や母親は芸術家だったのか‥

実はそうでもなく、父親は会社員の普通の家庭だったようです。


杉田陽平の家族構成は「父親・母親・姉」

杉田陽平の家族

杉田陽平の家族構成は以下の通りです。

  • 弟(杉田陽平)

杉田陽平と福田萌子

バチェロレッテの第7話で福田萌子さんが杉田陽平さんの実家を訪問しました。

他にも黄皓さんと當間ローズさんの実家にも訪問しましたが、

  • 黄皓の実家:ハイソ感が満載
  • 當間ローズの実家:母親のインパクトが強い

ことを考えると最も落ち着いた実家訪問になったのではないでしょうか。

母親が缶ビールをシェイクしていたこと以外は。

では、早速杉田陽平さんの家族についての詳細を見ていきましょう。

杉田陽平の父親は会社員

杉田陽平の父

杉田陽平さんの父親は会社員だったようです。親も芸術家だったというわけではなさそう。

というのも、杉田陽平さんが2017年11月5日に更新したブログでこう綴られていたからですね。

父が、腰を痛めた序でに40年振りにギターを再開したらしい。

それも、45年以上前に1万五千円で中古で買ったギターを弦だけ治して。。

僕が、物心ついた時から確かにそのギターは物置にあった。

ずっと陽水を練習しているらしい。

こういうNEWSを聴く度に、安定した職について安心させた方がいいのではとも過る。

正月に帰郷する度に、「最近どんな感じや?」と毎度のように訊かれて

「もう、潮時やと思う。」

なんて返すジョークをまるでキマリ文句のように後どれぐらい続けられるだろう。

父がある時何気なく言った「作家は定年ないからええな」

言葉の真意は、分からないけど、何となく耳に残ってる。

引用:杉田陽平 公式ブログ 

父「最近どんな感じや?」

陽平「もう、潮時やと思う。」

父「作家は定年ないからええな」

というやりとりをしたようです。

杉田陽平

作家、というより起業家だからこそ杉田陽平さんには定年がありません

定年よりずっと以前に仕事が立ち行かなくなる可能性もありますが、生涯現役でいることは不可能ではありません。

そのため、杉田陽平さんの父親は一般の会社員のようですね。

杉田陽平さんは年収が1億円ある可能性もありますが、画家は安定していない職業です。

1億円稼げる年もあれば収入が半減する年があっても全くおかしくはありません

だからこそ上記のような会話ができるのでしょう。

杉田陽平の母親は「個性的」?

杉田陽平の母親

杉田陽平さんお母親はバチェロレッテのエピソード7で登場しました。

予告編で「缶ビールを振る」という暴挙に出ており、これには福田萌子さんもツッコミを入れざるをえませんでした。

ビールを振る時は「いたずら」か「ビールかけ」をする時くらいでしょう。

SNS上ではお茶目だと好意的に捉えられていますね。

たdし、真似をするとビールが吹き出る可能性が高いので注意してください。

 

杉田陽平の姉は美人で既婚者

杉田陽平の姉

杉田陽平さんにはお姉さんがいらっしゃいます

杉田陽平さんの公式ブログでは甥っ子と姪っ子が登場しており、

既婚で2人の子供に恵まれている

ことが分かります。

 

杉田陽平の実家は三重県の鈴鹿市?

鈴鹿サーキット
杉田陽平さんの実家は三重県の鈴鹿市でしょう。

杉田陽平さんは三重県で生まれ育っています。

バチェロレッテでも実家周辺は古き良き日本の田舎のような風景が広がっていました。

鈴鹿市は人口が20万人ほどの中規模の都市です。

鈴鹿市と言えばF1も開催される鈴鹿サーキットがある場所として有名です。

愛知県の名古屋からのアクセスもそこまで悪くはありません。

ただし、ベッドタウンというには名古屋から少し遠い立地です。